プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【16歳の子が書いたとは思えない才能】アップルと月の光とテイラーの選択

中濵 ひびき・著/竹内 要江・訳 【内容】 父親を交通事故で亡くした15歳の少女テイラー。その死はスキャンダラスに報じられ、母親は精神バランスを崩してしまう。心に壁を作ったテイラーは母と二人で孤独に暮らしていたが、ある日強盗に襲われ危篤状態に。…

【日本昔話を題材としたミステリー】むかしむかしあるところに、死体がありました。

著者 青柳碧人 【内容】 昔ばなし‥‥なのに‥‥新しい!? むかしむかしあるところに、浦島太郎という漁師がおりました。ある日、太郎は、海辺でいじめられていた亀を助けました。亀はお礼にと、太郎を龍宮城に案内しました。その竜宮城で―――――事件は起こりまし…

【無免許で部活でサーキット】天竜川高校 竜競部!

著者 郁子 匠 (うべ たくみ) 【内容】 何かとヘタレな今村心は、高校入学を機にやりたいことを見つけたいと新入生歓迎会に臨む。 そこで見たのは「竜競部」のド迫力バイクスタント。 バイクに興味を持った心は恐る恐る部の門を叩き、大人びた雰囲気を持つ…

【平成の夫婦のいろいろ】夫婦ってなんだ?

著者 トミヤマユキコ 【内容】 夫婦はオワコンだが、役に立つ!? 新時代の夫婦像を探る爆笑ほろ苦エッセイ いま、夫婦が危ない! 「三組に一組は離婚する」と言われる現在、さまざまな夫婦のかたちをトミヤマさんが面白おかしく考察する平成夫婦スタディーズ…

【絡まった鎖がほどけたときのスッキリさ!】花の鎖

著者 湊かなえ 【内容】 毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」――。 驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働…

【アンデルセン『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』を知っていますか?】豆の上で眠る

著者 湊かなえ 【内容】 小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉・万佑子が失踪した。スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者の噂。必死に捜す結衣子たちの前に、二年後、姉を名乗る見知らぬ少女が帰ってきた。喜ぶ家族の中で、しかし…

【青春ほろにが系やり直しストーリー】イシイカナコが笑うなら

著者 額賀澪 【内容】 その幽霊は「やり直し」の時間をくれる。 どの生徒にも慕われるスーパー教師の菅野。しかし、内心にはいつも虚しさが渦巻いていた。そんな彼の前にかつての同級生の幽霊、イシイカナコが現れる。「ねえ、イシイカナコの“人生やり直し事…

【人によって、全然違う一日だった「あの日」】あの日からの或る日の絵とことば 3.11と子どもの本の作家たち

編 筒井大介 【内容】 「あの日から」を生きる、すべての人へ。 ――3.11と子どもの本の作家たち。 現代を代表する絵本作家たちが描く、震災をめぐる或る日の記憶。 *『翻訳できない世界のことば』のイラストブックシリーズ。 *現代を代表する絵本作家たちに…

【90年代のなつかしさとグッとくる愛の物語】僕の母がルーズソックスを

著者 朝倉 宏景 【内容】 朝起きたら、母親が17歳になっていた――。 外見はアラフォーの専業主婦なのに、 16歳の息子の俺に向かって「ねぇ、君さ、ウチのピッチ知らない?」と言い放ったのだ。 一人息子の俺が、昨日あんなことをしでかしたからなのか。 原因…

【サスペンス×SF】帰去来

著者 大沢在昌 【内容】 大沢在昌、作家生活40周年記念の第1弾は、パラレルワールド警察小説 警視庁捜査一課の女刑事が、 「光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市」にタイムトリップした――。 警視庁捜査一課の“お荷物”志麻由子(しま・ゆうこ)は、連続殺…

【言葉を使った青春ミステリー】ことのはロジック

著者 皆藤 黒助 【内容】 元天才書道少年が恋したのは 日本語を愛する金髪転校生だった―― 「月が綺麗ですね」を超える告白をして、青春を取り戻せ! 書くべき言葉を見失った元天才書道少年の墨森肇は、金髪碧眼の転校生アキに一目惚れ。 しかし、アキの憧れ…

【皇室女子の苦しみは現代に生きる女性の苦しみとリンクしている】皇室女子

著者 香山リカ 【内容】 本書は、美智子さま、雅子さま、紀子さま、愛子さま、眞子さま、佳子さまの6人の皇室女性を通して見えてくる、日本の多くの女性たちが抱える共通の課題・問題を論じます。 働き方、婚約、結婚、出産、子育て、ジェネレーション・ギ…

【こじらせ女子の自慰ワールド】この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

著者 新井見枝香 【内容】 某有名書店の"型破り”書店員によるエッセイ第2弾。前作の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』から、さらにパワーアップ。30代後半独身女性の日常生活を、赤裸々に綴った「うまくいかない仕事」「うまくいかない美」「…

【幽霊とお話するだけの簡単なお仕事です】送り屋 ―死者を送る優しく不器用な人たち―

著者 御堂彰彦 【内容】 想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによって。死者と話せる調査員は、調査の過程で今は亡き人たちの願いに触れる。そしてそれを叶えることで、“向こう”へ送ろうと…

【ロシアのパンやお菓子がとってもおいしそうな一冊】昨日の僕が僕を殺す

著者 太田紫織 【内容】 大ヒット「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」著者、新作始動! 北海道、小樽。ロシア系クオーターの男子高校生、淡井ルカは、叔母を弔うため、彼女の愛したベーカリーを訪れる。そこで出会ったのは、イケメン店長の汐見と人懐っ…

【まんまと騙された】悪いものが、来ませんように

著者 芦沢央 【内容】 助産院に勤める紗英は、不妊と夫の浮気に悩んでいた。彼女の唯一の拠り所は、子供の頃から最も近しい存在の奈津子だった。そして育児中の奈津子も、母や夫、社会となじめず、紗英を心の支えにしていた。そんな2人の関係が恐ろしい事件…

【元裁判官で現在教授のおじさんがマンガを語る】教養としての現代漫画

著者 瀬木比呂志 【内容】 楽しみながら、考え、感じる力を養う──。漫画は日本が世界に誇る教養(リベラルアーツ)だ! 世界に大きな影響を与えている日本の現代漫画。つげ義春、諸星大二郎、大友克洋、高橋留美子、高野文子をはじめ、60年代以降の代表的作…

【女性南極料理人】南極ではたらく

著者 渡貫淳子 【内容】 平凡な主婦の料理と生き方を変えた南極での1年4ヵ月の挑戦を綴った初の著書!! 結婚後は一旦職場を離れ、母として家事・育児に奮闘する日々を送ってきたが、 一念発起して南極観測隊の調理隊員にチャレンジ。 3度目の挑戦で見事合格を…

【短歌集】えーえんとくちから

著者 笹井宏之 【内容】 再評価著しい早逝歌人の「伝説歌集」、待望の文庫化! 話題のコミック『ダルちゃん』(はるな檸檬著)にも登場で大注目 1982年佐賀県生まれ。彗星のように短歌界にあらわれ、2009年1月、惜しまれながら26年の生涯を閉じた夭折の歌人…

【冬が来るたびに死にそうになる話】この冬、いなくなる君へ

著者 いぬじゅん 【内容】 「この冬、君は死ぬ」謎の男に告げられた24歳の菜摘の運命は…。 ラストのどんでん返しに驚愕! 涙が溢れる著者渾身の最新作。 文具会社で働く24歳の生久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり…

【とても美しく素敵な物語】とまり木

著者 周防 柳 【内容】 いじめ、虐待、セクハラ。 報われない恋、傷つけられたプライド、 気が遠くなるほどの孤独、かなわない夢── 幼い頃に両親を亡くし、親戚に引き取られた青山伊津子。自分の居場所を必死で見つけて生きる伊津子だったが、行く先々で不幸…

【メガネ萌え?それとも年下男子萌え?】ランドルトの環 

著者 八幡橙 【内容】 いくら身体を重ねても、完全に満たされることはない。 だから俺は、今日もまた会いに来てしまう――。 高校二年生の瞬の前に現れたのは、20歳以上の年の差がありながら、まるで魂を分けあったかのように心が通じる女性、那知だった。那知…

【生きづらさを抱える人たちへ】発達障害グレーゾーン

著者 姫野 桂 【内容】 徹底した当事者取材!発達障害“ブーム”の裏で生まれる「グレーゾーン」に迫る 近年、NHKが特集するなど話題になることが多い「大人の発達障害」。 「学生時代は大丈夫だったのに、社会に出たらミスばかりする」 「雑談が苦手で、周…

【絵画に込められた画家の秘密】ショパンの心臓

著者 青谷真未 【内容】 「あの絵は、俺にとって“ショパンの心臓”なのだ」世間から忘れ去られた画家がひっそりと 息を引き取った。彼が遺した最高傑作と呼ばれる作品と謎の言葉「ショパンの心臓」。そこには、二つの国に引き裂かれた作家の苦悩が隠されてい…

【韓国の真実】82年生まれ、キム・ジヨン

著者 チョ・ナムジュ 【内容】 女性が人生で直面する差別の現実を正面から描く! 韓国で絶大な共感を得て100万部、 社会現象となった異例の大ベストセラー小説、ついに日本上陸。 ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかの様子のキム・ジヨン。誕生…

【いい意味で裏切られた結末】烏に単は似合わない 

著者 阿部 智里 【内容】 史上最年少松本清張賞受賞作 人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界「山内」ではじまった世継ぎの后選び。有力貴族の姫君四人の壮大なバトルの果て……。史上最年少の松本清張賞受賞作品。解説・東えりか 松本清張賞を最年少で受…

【本当に自分の兄なのか、盲目だからわからない】闇に香る嘘

著者 下村敦史 【内容】 村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の…

【おっさんずラブ】東京パパ友ラブストーリー 

著者 樋口 毅宏 【内容】 夫婦ってなに?子育てってそんなにしんどいの?ヒグタケ渾身の、怒濤の痛快子育てエンタメ! 有馬豪は、30歳という若さながら、青山にあるファンドマネージメント会社のCEO。5歳になる亜梨が通う保育園で、鐘山明人というおっさ…

2018年 おすすめ本ランキング

最近いろいろと忙しくなかなか本が読めていませんでした。 さて、2018年のお薦めランキングです。 第一位 神さまたちの遊ぶ庭 piyopiyobooks.hatenablog.jp 『羊と鋼の森』を書いた宮下奈都さんのエッセイ。北海道の僻地で暮らした記録です。とにかく面…

【関西弁の男の人ってなんかいいな】世界の端から、歩き出す 

著者 富良野馨 【内容】 京都での出会いが起こした 小さな、確かな奇跡。 就職も決まった短大二回生の秋、篠崎千晴のもとに叔母から奇妙な依頼が舞い込んだ。ずっと存在を知らされていなかった「叔父」に届けものをしてほしい、というものだった。戸惑いなが…