プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

2018-12-11から1日間の記事一覧

【関西弁の男の人ってなんかいいな】世界の端から、歩き出す 

著者 富良野馨 【内容】 京都での出会いが起こした 小さな、確かな奇跡。 就職も決まった短大二回生の秋、篠崎千晴のもとに叔母から奇妙な依頼が舞い込んだ。ずっと存在を知らされていなかった「叔父」に届けものをしてほしい、というものだった。戸惑いなが…