プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

ごはん、料理、おいしいもの

【和菓子片手に読みたい一冊】和菓子のアン

著者 坂木司 【内容】 デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎…

【夢と、友情と、テンプテーション】ショコラティエ

著者 藤野恵美 【内容】 母子家庭で育った聖太郎と、大宮製菓の御曹司・光博は、共通の趣味であるお菓子作りを通して親友となる。ある日、聖太郎は光博から、幼なじみが出場するというピアノコンクールに誘われ、凛々花を紹介される。凛々花のピアニストとし…

【これこれ、こういうのが欲しかった】ロンドンでしたい100のこと Absolute London

ゲラ読了。2018/6/13発売予定 【内容】 パリ編に続いて待望の第2弾はロンドン!日本人女性好みの「したいこと」を100項目挙げ、“旅と生活、その間”を案内。自分好みの旅を組み立てながら、一歩踏み込んだ本音の街の楽しみ方をご紹介します。 街じゅうでアー…

【ほっこり、おいしい】とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

著者 宮下奈都 【内容】 書き下ろし短編も! 本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の著者がおくる食エッセイ 「毎月一回食べもののことを書く。食べることと書くことが、拠りどころだった気がする。」(「まえがき」より) 月刊誌『ESSE』の人気連載が、待望の書籍…

【基本から料理上手まで】ちゃんとおぼえたい和食

著者 吉田麻子 【内容】 春には青い豆ごはん、冬には大根をほっくりと煮て食べる――和食は繰り返し食べてもあきることがありません。 本書は、予約が取れない人気料理教室「𠮷田麻子料理教室」を主宰する著者が、「おいしいね」と家族からほめられる和食の作…

【あと一皿欲しいときに!】うれしい副菜

著者 瀬尾幸子 【内容】 「毎日メニューを考えるだけでおっくう。」「メインのおかずは作れるけど、何をあわせたらよいかわからない。」「最近野菜が足りてない。」そんな方のための、思いっきり使える「副菜」の本。第2回料理レシピ本大賞受賞「ラクうまご…

【アペロに最適】シェフの家呑みおつまみ

著者 依田隆 【内容】 小田原漁港の目の前にある人気リストランテの料理長が、オフの日にささっと作る「お酒のおつまみ」をあなたも楽しみませんか? 本書は、人気リストランテ「イルマーレ」のシェフによる、身近な食材と2~3ステップの簡単な調理で作れる…

【ダイエットの執行猶予】昨日より太らないお菓子できました。

著者 阪本久枝 【内容】 女性なら常に気になるのはダイエットのこと。健康的にやせたい、けれどもスイーツも食べたい。その気持ちよーくわかります。 本書は、有名パティシエールの著者が、健康・美容面を考慮したストレスのないダイエットができる低糖質お…

【究極の普通レシピ】エダモンの 今日から子どもおかず名人

著者 枝元なほみ 発売日 2018年3月5日 【内容】 一生使える「基本」と「ダンドリ」が身に着く、王道レシピブック! 鶏のから揚げ、ハンバーグ、チャーハン、餃子、ミートソース…。子どもが“テッパン”で喜ぶ味を身につけたら、毎日の料理はもっと楽しく! 超…