プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

ミステリー

【絵画に込められた画家の秘密】ショパンの心臓

著者 青谷真未 【内容】 「あの絵は、俺にとって“ショパンの心臓”なのだ」世間から忘れ去られた画家がひっそりと 息を引き取った。彼が遺した最高傑作と呼ばれる作品と謎の言葉「ショパンの心臓」。そこには、二つの国に引き裂かれた作家の苦悩が隠されてい…

【いい意味で裏切られた結末】烏に単は似合わない 

著者 阿部 智里 【内容】 史上最年少松本清張賞受賞作 人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界「山内」ではじまった世継ぎの后選び。有力貴族の姫君四人の壮大なバトルの果て……。史上最年少の松本清張賞受賞作品。解説・東えりか 松本清張賞を最年少で受…

【本当に自分の兄なのか、盲目だからわからない】闇に香る嘘

著者 下村敦史 【内容】 村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の…

【途中下車は不可能、怖さのジェットコースター】スイート・マイホーム

2019/01/10発売予定 著者 神津 凛子 【内容】 第13回小説現代長編新人賞受賞作!選考委員 全員戦慄。「イヤミス」を超えた、世にもおぞましい「オゾミス」誕生。 スポーツインストラクターの賢二は、寒がりの妻のため、たった1台のエアコンで家中を暖めら…

【読んでいくうちにぞくっとする】Q&A

著者 恩田陸 【内容】 都下郊外の大型商業施設において重大死傷事故が発生した。死者69名、負傷者116名、未だ原因を特定できず―多数の被害者、目撃者が招喚されるが、ことごとく食い違う証言。防犯ビデオに写っていたのは何か?異臭は?ぬいぐるみを引きずりな…

【2日間で14冊】角川70時間「全ページ無料試し読みフェア」

読友さんのつぶやきにて知った今回のキャンペーン、はっきりいってすごく良かったです。 prtimes.jp ブックウォーカーのサイトで、会員登録しなくてもブラウザでサクサク読めました。 7000冊もあり、読みたい本を探すのも大変。そして探していくうちに「…

【自意識過剰な人が出てこない】自意識過剰探偵の事件簿 

著者 真摯夜紳士 【内容】 彼女は事件を愛しすぎている!?自意識過剰探偵が巻き起こす痛快青春ライトミステリー!今日も何処かで、誰かが犯人にされている!?子供の頃の夢を今もなお追い続ける自称女探偵、雲雀野《ひばりの》八雲《やくも》。渋々ながらも、そ…

【時計屋さんの安楽椅子探偵】アリバイ崩し承ります

著者 大山誠一郎 【内容】 本格ミステリ大賞作家、待望の最新作は時計屋探偵! 殺人を告白して死んだ推理作家のアリバイとは!? 新米刑事が思わず通う、鮮やかすぎる謎解き―― 時を戻すことができました。 アリバイは、崩れました――。 美谷時計店には、「時計…

【まさかの結末に驚きと悲しみを隠せない】絵里奈の消滅 

著者 香納諒一 【内容】 最後のページに「彼女」はいない――。 謎の女の正体にあなたは気づけるか? 元刑事で探偵の鬼束啓一郎。彼がかつて逮捕した男・牛沼が水死体で発見された。その前日、鬼束の携帯電話には、牛沼からの不在着信履歴が残っていた。その電…

【フジコ以上の衝撃】インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実

著者 真梨幸子 【内容】 一本の電話に月刊グローブ編集部は騒然となった。男女数名を凄絶なリンチの末に殺した罪で起訴されるも無罪判決を勝ち取った下田健太。その母・茂子が独占取材に応じるという。茂子は稀代の殺人鬼として死刑になっ たフジコの育ての…

【事件が起きる前に解決】探偵が早すぎる

著者 井上 真偽 【内容】 父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、…

【やっぱり脚注が面白い】レジまでの推理

著者 似鳥鶏 【内容】 書店員は超多忙。品出しや客注をこなし、レジ対応の合間に万引き犯を捕まえ、閉店後には新作を読んでPOP書きやイベントの準備。でも、本と本屋が好きだから、今日も笑顔でお店に出るのだ。でも時には、お客様から謎すぎる悩みが寄せら…

【気持ちのよい弦音が聞こえてくる】凜の弦音  

著者 我孫子武丸 【内容】 篠崎凜──翠星学園高校弓道部。一年生。中学から弓道を始め、現在弓道二段。ひたむきに弓道を打ち込む、一直線の少女。そんな凜が師匠、棚橋先生の家で、ありえない矢で男が殺された事件に巻き込まれ、事件を解決。『弓道名人は名探…

【ほんわか感動ミステリー】冥土ごはん 

2018/11/6発売予定 著者 伽古屋圭市 【内容】 東京の下町、人形町にある「洋食店 幽明軒」は知る人ぞ知る名店だが、閉店後に訪れるのは死者。オムライス、ナポリタン……美味しい一皿で現世に残された思いを晴らす洋食店での人間模様を描く、食×異界ミステリー…

【愛ゆえの狂気と、小橋刑事の奇行】あなたが消えた夜に

著者 中村文則 【内容】 芥川賞作家・中村文則が初めて挑む警察小説、待望の文庫化! ある町で発生した連続通り魔殺人事件。 所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は目撃証言による"コートの男"を追う。 しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかっ…

【そういうことだったのか】人さらい

著者 翔田寛 【内容】 江戸川乱歩賞受賞作『誘拐児』、WOWOWで連続ドラマ化(9/23スタート)を超える、最高傑作登場! 少女惨死、一億円消失。またもや一敗地に塗れた静岡県警。 静岡県浜松中央署管内で小学四年生の村木千夏ちゃんが誘拐された。犯人は…

【衝撃の結末】絶叫 

著者 葉真中顕 【内容】 マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会、ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ…。辿り着いた先に待ち受ける…

【幽霊屋敷ミステリー×プリティーウーマン】翡翠の色の、君だけの夏。「視える」修復士と洋館の謎

著者 渡波みずき 【内容】 さえない女子高生の樫原ひよりは、友人だったはずの綾子に騙され、「翡翠館」という軽井沢の別荘の修復作業に立ち会うことになってしまった。綾子の身替りとしてしぶしぶ足を運んだひよりだが、そこで出会った近代建築専門の修復士…

【最後まで続く嫌な緊張感にページをめくる手が止められない。】火の粉 

著者 雫井脩介 【内容】 累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年前に無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い……。武内は溢れんばかりの…

【推理をしない探偵現る】貴族探偵

著者 麻耶雄嵩 【内容】 信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か? 捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使…

【恐ろしいのは大人だけじゃない】ユートピア

著者 湊かなえ 【内容】 【第29回 山本周五郎賞受賞作】 善意は、悪意より恐ろしい。 足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金「クララの翼」を設立。しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件…

【和菓子片手に読みたい一冊】和菓子のアン

著者 坂木司 【内容】 デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎…

【意外な真相】真犯人

著者 翔田寛 【内容】 東名高速道路裾野バス停付近で、高齢男性の遺体が発見された。事件を捜査する静岡県警裾野警察署の日下悟警部補は、被害者・須藤勲の長男・尾畑守が、昭和49年に誘拐死体遺棄事件に巻き込まれていたことを知る。誘拐事件は、時効直前の…

【元武士と金髪碧眼チャラ男コンビの日常ミステリ】横浜奇談新聞 よろず事件簿

著者 澤見彰 【内容】 B級新聞「横浜奇談」のモットーは、街の怪談・奇談なんでもござれ、面白ければそれでよし――。とある事情を抱える元武士・寅次郎が床屋で出くわしたのは、「ちょんまげが空を飛ぶ」という怪しい噂と、それを調べに来た記者・ライル。横…

【猫弁著者が描く、愛と復讐の物語】赤い靴

著者 大山淳子 ※ゲラ読了 2018/8/2刊行予定 【内容】 この復讐を終えるまでは、死ねない――。 悲劇に取り憑かれた魂の救済を描ききった、まごうことなき著者最高傑作。 母を惨殺された絶望と憎悪を背負い、山犬のように育った少女が、復讐の二文字を魂に刻み…

【心揺さぶるミステリー】使命と魂のリミット

【著者】東野圭吾 【内容】 「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執…

【ポーカーフェイス検事✖感情を顔に出しまくりの事務官】能面検事

【著者】中山七里 【内容】 新米検察事務官の惣領美晴は、大阪地検の不破俊太郎一級検事につくことに。冷徹で無表情な不破は、「能面」と陰では呼ばれている。とっつきにくい人物だが、どんな圧力にも情にも動じることなく、自らの流儀を貫き通す男である。…

【少子高齢化を考える】対岸の家事 

著者 朱野 帰子 【内容】 「定時」の次は「家事!」話題沸騰『わたし、定時で帰ります。』の著者、最新作! 「専業主婦なんか、絶滅危惧種だよね」村上詩穂は、今ドキ珍しい「専業主婦」。居酒屋に勤める激務の夫と、おてんばな2歳の娘。決して裕福ではない…

【寄生虫殺人事件】清らかな、世界の果てで

著者 北里紗月 【内容】 医療ミステリーの新星・北里紗月、待望の第2作! 前代未聞の寄生虫殺人に 天才毒物研究者・利根川由紀が挑む! ミステリー評論家・杉江松恋氏、激賞! 「今度の北里紗月は寄生虫による連続殺人! アイデア奇抜、プロットは緊密で申し…

【馬・馬・馬】焦茶色のパステル

著者 岡嶋二人 【内容】 ミステリー界の至宝はここから誕生した。二人で一人の作家、岡島二人のデビュー作にして江戸川乱歩賞受賞作。 東北の牧場で牧場長と競馬評論家・大友隆一が殺され、サラブレッドの母子、モンパレットとパステルが銃撃された。隆一の…