プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

仕事

【笑ってほろりと泣けるラブコメ】チョコレート・コンフュージョンシリーズ

著者 星奏 なつめ 【内容】 がんばり過ぎて、疲れた時に。笑えて泣けるラブコメ小説! バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内…

【恋と仕事、究極の選択】 金沢 洋食屋ななかまど物語

著者 上田聡子 【内容】 「千夏がいるから、この店は安泰ね」――亡き母の言葉を胸に、父の洋食屋を手伝う大学生の千夏には、好きな人がいた。 しかし美術を学ぶ大学院生の彼は、卒業とともに東京に戻ってしまう。 「この恋が叶うと、 店は……」。 恋心を押さえ…

【家づくりをめぐるミステリー】名探偵はハウスメーカーにいる 家づくりは今日も謎だらけ

著者 宮嶋 貴以 【内容】 一戸建てを購入するのは、一世一代の決断が必要だ。ましてや注文住宅となれば、外装や間取りなど決めることが多く、家族や親族の想いがスレ違ったり衝突したり…。そこではまさに、壮大なドラマが繰り広げられる。大手ハウスメーカー…

【偽の妊娠を貫き通す】空芯手帳

著者 八木詠美 【内容】 第36回太宰治賞受賞作 『太宰治賞2020 』のムックより、受賞作を抜粋して掲載いたします。 単行本化は、2020年秋の予定。ぜひご注目ください! 【あらすじ】 紙管製造会社に勤める柴田は、女性だからという理由で雑用をすべて押し付…

【「エモい」という感情を知った】すべて忘れてしまうから

著者 燃え殻 【内容】 小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなった燃え殻氏による待望の第2作。 自身の日々の体験をもとに、いつか忘れてしまう、でもずっと心のどこかに留めておきたい記憶の断片を、抒情的に、時にユー…

【イギリスの愛すべきおじさんたちが吠える】ワイルドサイドをほっつき歩け

著者 ブレイディみかこ 【内容】 内容紹介 大ヒット作『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に次ぐ、待望の最新エッセイ集 早くも5刷10万部突破! ブレイディみかこの新たなる代表作の誕生 恋と離婚、失業と抵抗……。絶望してる暇はない。 人生とい…

【現役司法修習生の方が書く法廷ミステリー】 法廷遊戯

著者 五十嵐 律人 【内容】 第62回メフィスト賞受賞作!法律家を志した三人の若者。 一人は弁護士になり、一人は被告人になり、一人は命を失った――謎だけを残して。 法曹の道を目指してロースクールに通う、 久我清義(くがきよよし)と織本美鈴(おりもとみ…

【遠い未来の世界で、仕事というものについて考える】タイタン

著者 野崎まど 【内容】 またAI暴走ディストピアか…と思ったら全然違う!!前代未聞の神話級≪お仕事≫エンタメ小説! 至高のAI【タイタン】により、社会が平和に保たれた未来。人類は≪仕事≫から解放され、自由を謳歌していた。しかし、心理学を趣味とする内匠…

【「残念ながら神様は休暇中だ」】 誘拐屋のエチケット

著者 横関 大 【内容】 誘拐されて、人生一発逆転してみませんか?「無口でプロフェッショナルな誘拐屋」と「涙もろくて人情派な新人誘拐屋」が、SNS炎上、不倫スキャンダル、借金まみれな人生崖っぷちの人々を、攫って匿って問題解決!そしてすべての出来事…

【ヒーロー以外の何物でもない】僕たちはヒーローになれなかった。

著者 葉田甲太 【内容】 医者として働きながらも、名誉と出世、収入を捨てて、NPOを設立し、国内外の僻地でボランティアに勤しむことを書いた実話。 夢をあきらめたビジネスマンに捧げる自己啓発本!『僕たちは世界を変えることができない。』のその後のお話…

【本屋で働く人の苦労がわかるエンタメ小説】店長がバカすぎて 

著者 早見和真 【内容】 谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。山本猛という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長のもと、文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも日々忙しく働いている。あこ…

【犯罪被害者家族が悪党のその後を追う物語】悪党

著者 薬丸岳 【内容】 探偵事務所で働いている佐伯修一は、老夫婦から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰した男を追跡調査してほしい」という依頼を受ける。依頼に後ろ向きだった佐伯だが、所長の木暮の命令で調査を開始する。実は佐伯も姉を殺された犯罪被…

【将棋の駒にそんな価値のあるものがあるとは知らなかった。】盤上の向日葵

著者 柚月裕子 【内容】 実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ? さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手刑事・佐野は真…

【抱腹絶倒のバッタ研究記in モーリタニア】バッタを倒しにアフリカへ

著者 前野ウルド浩太郎 【内容】 バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション! 【著者プロフィール】前野 ウルド…

【王や王の周りの物たちの苦悩】華胥の幽夢

著者 小野不由美 【内容】 王は夢を叶えてくれると信じた。だが。 才国(さいこく)の宝重である華胥華朶(かしょかだ)を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし、采麟(さいりん)が病に伏すいま、麒麟が斃(たお)れることは国の終焉を意味する…

【ファンタジーでありながらリアリティのある十二国記の世界】丕緒の鳥

著者 小野不由美 【内容】 「絶望」から「希望」を信じた男がいた。慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮する。希望を託した「鳥」は、果たして…

【景王と助さん格さん】風の万里 黎明の空

著者 小野不由美 【内容】 人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊(しょうけい)は、芳国(ほうこく)国王である父が簒奪者(さんだつしゃ)に殺され、平穏な暮らしを…

【何も考えていないようで実はすべてが見えているかのような王】東の海神 西の滄海

著者 小野不由美 【内容】 国が欲しいか。ならば一国をやる。延王(えんおう)尚隆(しょうりゅう)と延麒(えんき)六太(ろくた)が誓約を交わし、雁国に新王が即位して二十年。先王の圧政で荒廃した国は平穏を取り戻しつつある。そんな折、尚隆の政策に異を唱える…

【今どきの世渡りはこんな感じ】まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

著者 田村 耕太郎 【内容】 シリーズ累計75万部を突破した『頭に来てもアホとは戦うな!』がついにマンガ化! 企画営業部で働く入社4年目のひとみ。しかし、社内は意見がころころ変わる人、嫉妬で足を引っぱる人、理不尽なアホばかり。ひとみは、コミュニ…

【ゆるい警察官が大活躍】ゴースト アンド ポリス GAP

著者 佐野晶 【内容】 第1回警察小説大賞、満場一致の受賞作! 「聞いてると思うけどさ。俺たちはごんぞうだから。無駄な仕事はしないから。張り切ってガタガタ騒いだりしないでね」ごんぞう――自主的窓際警官のこと。神奈川県辻堂にある鳩裏交番は、自主的窓…

【薄い本ではあるが内容が深い】何もかも憂鬱な夜に

著者 中村文則 【内容】 施設で育った刑務官の「僕」は、十八歳のときに強姦目的で女性とその夫を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している――。どこか自分に似た…

【完全犯罪の目的とは】20 誤判対策室

著者 石川智健 【内容】 見破ってみてください、私の完全犯罪を。 殺人の証明ができなければ、娘の命はない――。 仕掛けられた不可解なゲームに、正義は容易く翻弄される。 絶対絶命の老刑事が己の矜持をかけて臨む、運命の20日間。7つの「20」が導く禁断の真…

【こんなスピーチ泣くわ】本日は、お日柄もよく

著者 原田マハ 【内容】 OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる…

【脳も気持ちもスッキリした】佐藤可士和の超整理術

著者 佐藤可士和 【内容】 整理術を磨いていくと、仕事を取り巻く環境がみるみる快適になっていくのが実感できるはずです。それに伴い、仕事の精度も劇的にアップしていることでしょう。この本で僕が述べる整理術とは、整理のための整理ではなく、快適に生き…

【こんなレストランちょっと行ってみたい】魔法を召し上がれ

著者 瀬名英明 【内容】 マジシャンはノーと言ってはいけない。 相手が恋人を殺した男でも。 圧巻の超大作! 湾岸町のレストランで働くマジシャン・ヒカル。テーブルを巡り、料理を楽しむ客にマジックを披露している。高校時代、突然この世から消えた同級生…

【監視しているのは誰だ!】目撃

著者 西村健 【内容】 誰かが私を監視している――!? 静かな住宅街で殺人事件が起きた瞬間、検針員として敷地内に足を踏み入れた奈津実は何を見たのか?離婚調停中の戸田奈津実は、電気メーターの検針員の仕事をしながら幼稚園に通う幼い娘を一人で育ててい…

【今更ですがやっと読んだ】夫のちんぽが入らない

著者 こだま 【内容】 ドラマ化決定。話題沸騰! “夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。 2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、…

【こじらせ女子の自慰ワールド】この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

著者 新井見枝香 【内容】 某有名書店の"型破り”書店員によるエッセイ第2弾。前作の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』から、さらにパワーアップ。30代後半独身女性の日常生活を、赤裸々に綴った「うまくいかない仕事」「うまくいかない美」「…

【幽霊とお話するだけの簡単なお仕事です】送り屋 ―死者を送る優しく不器用な人たち―

著者 御堂彰彦 【内容】 想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによって。死者と話せる調査員は、調査の過程で今は亡き人たちの願いに触れる。そしてそれを叶えることで、“向こう”へ送ろうと…

【女性南極料理人】南極ではたらく

著者 渡貫淳子 【内容】 平凡な主婦の料理と生き方を変えた南極での1年4ヵ月の挑戦を綴った初の著書!! 結婚後は一旦職場を離れ、母として家事・育児に奮闘する日々を送ってきたが、 一念発起して南極観測隊の調理隊員にチャレンジ。 3度目の挑戦で見事合格を…