プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

小説

【「意識体」だけの存在は「生きている」と言えるのか】代体

著者 山田宗樹 【内容】 『百年法』(第66回日本推理作家協会賞)から4年。新たに現代社会に問いかける衝撃の問題作にして、一気読み必至のエンターテインメント大作!人工知能が実現しつつある現代に生きる全ての人に問う――「あなたは、本当にあなたですか?」 …

【人気シリーズ、堂々の完結巻!】書店ガール7 旅立ち

著者 碧野圭 【内容】 中学の読書クラブの顧問として、生徒たちのビブリオバトル開催を手伝う愛奈。故郷の沼津に戻り、ブックカフェの開業に挑む彩加。仙台の歴史ある書店の閉店騒動の渦中にいる理子。そして亜紀は吉祥寺に戻り……。それでも本と本屋が好きだ…

【恐ろしいのは大人だけじゃない】ユートピア

著者 湊かなえ 【内容】 【第29回 山本周五郎賞受賞作】 善意は、悪意より恐ろしい。 足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金「クララの翼」を設立。しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件…

【最低で最高の1か月】ルーム・オブ・ワンダー 

著者 ジュリアン・サンドレル 【内容】 シングルマザー、テルマの生きがいは、12歳の息子ルイと、セクハラにもパワハラにも耐え抜いて手に入れた仕事だった。その大事な息子が目の前で交通事故に遭い昏睡状態に陥ったときから、テルマの人生は音を立てて崩れ…

【和菓子片手に読みたい一冊】和菓子のアン

著者 坂木司 【内容】 デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎…

【人間の醜い本能や欲望にぐいぐいと引き込まれる】鯖

著者 赤松利市 【内容】 貧困に生きる人間の悍ましさを抉る問題作。第一回大藪春彦新人賞受賞者、受賞第一作長篇! 厳冬。日本海に浮かぶ孤島に、雑賀の一本釣りを自称する漁師たちがいた。知性もなく、金もなく、粗暴な老漁師たちが持っているのは、団結力…

【涙なしには読めない】朝が来る

夏休み、日本に一時帰国していたのでブログが更新できませんでした。 少しずつ日本で読んだ本などの感想をアップしていきたいと思います。 著者 辻村深月 【内容】 「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一…

【元武士と金髪碧眼チャラ男コンビの日常ミステリ】横浜奇談新聞 よろず事件簿

著者 澤見彰 【内容】 B級新聞「横浜奇談」のモットーは、街の怪談・奇談なんでもござれ、面白ければそれでよし――。とある事情を抱える元武士・寅次郎が床屋で出くわしたのは、「ちょんまげが空を飛ぶ」という怪しい噂と、それを調べに来た記者・ライル。横…

【インフルエンサーに是非読んでもらいたい一冊】「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。

著者 隙名こと ※ゲラ読了 2018/9/5刊行予定 【内容】 高校のクラスメイトである、謎めいた美少女水品さんが、ある日主人公駒田を怪しいアルバイトに誘う。雑誌を買って電車に乗るだけ。駒田が15分で1万円だというその仕事の真の意味に気づいた時……。心に傷…

【猫弁著者が描く、愛と復讐の物語】赤い靴

著者 大山淳子 ※ゲラ読了 2018/8/2刊行予定 【内容】 この復讐を終えるまでは、死ねない――。 悲劇に取り憑かれた魂の救済を描ききった、まごうことなき著者最高傑作。 母を惨殺された絶望と憎悪を背負い、山犬のように育った少女が、復讐の二文字を魂に刻み…

【心揺さぶるミステリー】使命と魂のリミット

【著者】東野圭吾 【内容】 「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執…

【ポーカーフェイス検事✖感情を顔に出しまくりの事務官】能面検事

【著者】中山七里 【内容】 新米検察事務官の惣領美晴は、大阪地検の不破俊太郎一級検事につくことに。冷徹で無表情な不破は、「能面」と陰では呼ばれている。とっつきにくい人物だが、どんな圧力にも情にも動じることなく、自らの流儀を貫き通す男である。…

【少子高齢化を考える】対岸の家事 

著者 朱野 帰子 【内容】 「定時」の次は「家事!」話題沸騰『わたし、定時で帰ります。』の著者、最新作! 「専業主婦なんか、絶滅危惧種だよね」村上詩穂は、今ドキ珍しい「専業主婦」。居酒屋に勤める激務の夫と、おてんばな2歳の娘。決して裕福ではない…

【夢と、友情と、テンプテーション】ショコラティエ

著者 藤野恵美 【内容】 母子家庭で育った聖太郎と、大宮製菓の御曹司・光博は、共通の趣味であるお菓子作りを通して親友となる。ある日、聖太郎は光博から、幼なじみが出場するというピアノコンクールに誘われ、凛々花を紹介される。凛々花のピアニストとし…

【寄生虫殺人事件】清らかな、世界の果てで

著者 北里紗月 【内容】 医療ミステリーの新星・北里紗月、待望の第2作! 前代未聞の寄生虫殺人に 天才毒物研究者・利根川由紀が挑む! ミステリー評論家・杉江松恋氏、激賞! 「今度の北里紗月は寄生虫による連続殺人! アイデア奇抜、プロットは緊密で申し…

【家族色々】我が家の問題

著者 奥田英朗 【内容】 夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し―「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが―「甘い生活?…

【とにかく厚い】悪霊の館

著者 二階堂黎人 【内容】 不気味な逆五芒星の中央に捧げられた二重鍵密室の首なし死体。邸内を徘徊する西洋甲胄姿の亡霊。資産家一族の住む大邸宅で、黒魔術のミサを思わせる血みどろの惨劇が続く。当主はなぜ警察の介入を拒むのか。そして、「呪われた遺言…

【再生の物語】エンディングドレス

著者 蛭田亜紗子 【内容】 32歳の若さで夫に先立たれてしまった麻緒(あさお)は、自らも死ぬ準備をするうち、 刺繍洋品店で小さなポスターを見つける。 <終末の洋裁教室> 講師 小針ゆふ子 毎週日曜午後一時から 春ははじまりの季節。 さあ、死に支度をは…

【何もない日常を宝物のように感じる】雲と鉛筆

著者 吉田篤弘 【内容】 ぼくは、屋根裏の部屋に住み、鉛筆工場で働いている。大きなものが書かれた小さな本を読み、雲を眺め人生について考える。そんなある日旅立ちの時が来た。 2005年1月に創刊しました「ちくまプリマー新書」は本書『雲と鉛筆』で300点…

【一行でゾクッ】一行怪談(二)

著者 吉田悠軌 【内容】 Twitterで話題沸騰! たった一行に込められた、美しい悪夢のような物語集。 解説の大槻ケンヂ氏も「一行怪談、と定義づけられているが、これは時に短歌であり、散文詩であり、あるいは文学でありオカルトであり絶妙のショートショー…

【青春の熱さと郷愁】愛と勇気を、分けてくれないか

著者 清水浩司 【内容】 痛くて、熱い、“あの時代” の青春小説あの日、燃え上がった青春の火は、これからもきっとずっと消えない。――秦 基博さんこんな過去はなかったはずなのに懐かしい。「青春」ってきっとこうだったのだ。――西 加奈子さん痛みも無力も知…

【前向きな切なさ】僕の未来だった君へ

著者 鳥海領 【内容】 桜舞い散る晩春、高専生の直樹は雪女を名乗る少女に出会う。心にトゲを抱え孤独に生きる直樹は、いつしか彼女にだけは心を開くようになる。しかし冷たい冬が来る前に彼女は・・・。こじらせ系男子の初恋ファンタジー。 【感想】 ★★★☆☆ …

【タイトルの意味が分かった時に涙する!】赤い指

著者 東野圭吾 【内容】 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一…

【形成外科ダークヒーロー✖夢ある麻酔科医】リアルフェイス

著者 知念実希人 ゲラ読み 2018/6/6発売予定 【内容】 あなたは絶対に騙される!! 渾身の医療サスペンス最新版! 美を創り出す芸術家のように、依頼者の顔を変える天才美容外科医・柊貴之。 金さえ積めばどんな要望にも応える彼のもとに、奇妙な依頼が舞い込…

【恐怖のストーカー探偵(笑)】片想い探偵 追掛日菜子

著者 辻堂ゆめ 【内容】 見た目は清楚な女子高生、 しかし裏の顔は…… _人人人人人人人人人_ >合法ストーカー?! <  ̄^Y^Y^Y^Y^Y ^Y ̄ 追掛日菜子は、舞台俳優・力士・総理大臣などを好きになっては、相手の情報を調べ上げ追っかけるストーキング体質。 …

【親のあり方、教師のあり方を問う】青い鳥の教室

著者 池永陽 【内容】 体罰を行い島に転勤させられた、かつての熱血教師“ぐうたら”先生。 のどかな田舎の学校に着任したと思いきや、狭い島の中で行われていたのは、陰惨ないじめだった。教師と真っ向から対立する有力者の娘。授業ボイコット。モンスターペ…

【62歳、住所不定、無職の大型新人】藻屑蟹

著者 赤松利市 【内容】 二十七歳で人生を諦めた男。彼は原発事故の模様をテレビで見ていた。これから何かが変わる、そう信じて。しかし待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことよる苛立ちだった。六年後、彼は…

【因縁にとらわれた女】熊金家のひとり娘

著者 まさきとしか 【内容】 北の小さな島で、代々娘一人を産み継ぐ祈禱の家系に育った熊金一子は、神と畏れられる祖母と「血」から逃れるために島を出る。やがて大人になり、男の子の母親になることを願う一子が産んだのは――やはり女だった。明生と名付け息…

【理容室のポテンシャル】キリの理容室

著者 上野歩 【内容】 神野キリ、20歳。夢は理容師になって、人気店を開くこと。自分と父親を捨てて男と出ていった理容師の母親を見返すため、理容専門学校を卒業したキリ。千恵子が一人で切り盛りする理容店で修業することになるが、雑用ばかりの毎日。幼な…

【最後一行で落涙】ふたりみち

著者 山本幸久 【内容】 元昭和歌謡の歌手で、今は函館の小さなスナックのママ。67歳の野原ゆかりは、本州をめざし津軽海峡をフェリーで渡っていた。ある事情で抱えた借金返済のため、昔のつてを頼ってコンサートツアーと称したドサ回りの旅に出たのだ。船…