プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

小説

【大人の恋愛小説】よるのふくらみ

著者 窪美澄 【内容】 私のからっぽに栓をしてほしかった。 幼なじみの兄弟に愛される一人の女、もどかしい三角関係の行方は。熱を孕んだ身体と断ち切れない想いが溶け合う究極の恋愛小説。 同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭…

【ノリで書いてるだろ!】死亡フラグが立ちました!

著者 七尾与志 【内容】 『このミス』編集部が驚愕した話題作! “死神”と呼ばれる暗殺者のターゲットになると、24時間以内に偶然の事故によって殺される——。特ダネを狙うライター・陣内は、ある組長の死が、実は“死神”によるものだと聞く。事故として処理され…

【イケメンスペイン人の写真が欲しかった!】サハラ砂漠の王子さま

著者 たかのてるこ 【内容】 ヨーロッパを駆け抜け、サハラ砂漠を目指してアフリカへ。しかし、憧れのイスラムの国モロッコへ足を踏み入れた途端、次々と襲いかかってくる髭面の男たち!思わぬ貞操の危機に「女はつらいよ…」と呟きつつも、今度は砂漠を徒歩で…

【表紙の矢を射る姿に惹かれてしまう】黄金の烏

著者 阿部智里 【内容】 史上最年少で松本清張賞を受賞した著者による、異世界ファンタジー第三弾。八咫烏が支配する世界「山内」を舞台に、世継の花嫁の座を巡る姫君たちの駆け引きと、その家族の権力闘争を描いた『烏に単は似合わない』は、選考会でも大き…

【こんなスピーチ泣くわ】本日は、お日柄もよく

著者 原田マハ 【内容】 OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる…

【思春期の生々しさがとても濃厚な一冊】しろいろの街の、その骨の体温の

著者 村田沙耶香 【内容】 2013年に三島賞を受賞。14年に第一回フラウ文芸大賞受賞作の文庫化。 クラスでは目立たない存在である小4の結佳。女の子同士の複雑な友達関係をやり過ごしながら、習字教室が一緒の伊吹雄太と仲良くなるが、次第に伊吹を「おもち…

【こんなレストランちょっと行ってみたい】魔法を召し上がれ

著者 瀬名英明 【内容】 マジシャンはノーと言ってはいけない。 相手が恋人を殺した男でも。 圧巻の超大作! 湾岸町のレストランで働くマジシャン・ヒカル。テーブルを巡り、料理を楽しむ客にマジックを披露している。高校時代、突然この世から消えた同級生…

【監視しているのは誰だ!】目撃

著者 西村健 【内容】 誰かが私を監視している――!? 静かな住宅街で殺人事件が起きた瞬間、検針員として敷地内に足を踏み入れた奈津実は何を見たのか?離婚調停中の戸田奈津実は、電気メーターの検針員の仕事をしながら幼稚園に通う幼い娘を一人で育ててい…

【今更ですがやっと読んだ】夫のちんぽが入らない

著者 こだま 【内容】 ドラマ化決定。話題沸騰! “夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。 2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、…

【死神×執事=イケメン】死神執事のカーテンコール

著者 栗原ちひろ 【内容】 役者くずれの猪目空我は、かつてスタイリッシュな探偵役で人気を博した美形男子。とくに探偵としての能力があるわけではないが、とある事情で俳優業を廃業した今、ほかにやれることもないので、見た目重視の雰囲気探偵事務所を開業…

【時給1120百円の短期アルバイト】インシテミル

著者 米澤穂信 【内容】 車を買う金欲しさにアルバイト探しをしていた学生・結城がコンビニにあった求人情報誌で見つけたのは、時給11万2000円という破格の好条件の仕事。それは、1週間「ある人文科学的実験の被験者」になるだけという、短期のアルバイトだ…

【にゅるりにゅるりぐじゅり】入らずの森

著者 宇佐美まこと 【内容】 粘つく執念、底の見えない恐怖―― ホラーの俊英が、ミステリ要素満載で贈るダーク・ファンタジー! 小説家・京極夏彦氏「 この昏い森はあなたの奥へと繋がっている。決して入ってはいけない。でも、あなたは必ず入ってしまう。宇…

【ただの短編集と侮るなかれ】ずっとあなたが好きでした

著者 歌野晶午 【内容】 バイト先の女子高生との淡い恋、転校してきた美少女へのときめき、年上劇団員との溺れるような日々、集団自殺の一歩手前で抱いた恋心、そして人生の夕暮れ時の穏やかな想い…。サプライズ・ミステリーの名手が綴る恋愛小説集は、一筋…

【あの子供たちの、その後】心音

著者 乾ルカ 【内容】 私は、一億五千万円さんと呼ばれていました。 城石明音は先天性の心疾患を患っていた。両親は渡米しての心臓移植手術を決断する。そのためには1億5千万円という莫大な費用が必要だった。募金活動の末、明音はチャーター機でアメリカ…

【待ってましたの第三弾】みんなでつくる 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参

氏田雄介[編著] 武田侑大[イラスト] 【内容】 爆笑問題・太田光さん推薦!! ――あの短編の名人、星新一先生が天国でこの本を読んだら、こう言って笑うかもしれない。「私は書きすぎだったかな?」 9マス×6行の原稿用紙につづられた、世界一短い(かもしれ…

【平成を駆け抜けた、ある存在しない男の話】Blue

著者 葉真中顕 【内容】 平成という時代があった。 平成が始まる日に生まれ、終わる日に死んだ一人の男がいた。名は青、母親は彼をブルーと呼んだ。 平成15年12月、青梅で教員一家5人の刺殺事件が発生する。藤崎たち警察は、次女の篠原夏希(31)がほかの4…

【五感に響き渡る】極彩色の食卓

著者 みお 【内容】 料理上手の青年と、生活能力ゼロの元天才女流画家のお婆ちゃん。 過去持ち二人の秘密と食事の物語。 ------------------------------- 夢に挫折し、今を無気力に生きる美大学生の青年は、かつて一世を風靡した元天才女流画家のお婆ちゃん…

【16歳の子が書いたとは思えない才能】アップルと月の光とテイラーの選択

中濵 ひびき・著/竹内 要江・訳 【内容】 父親を交通事故で亡くした15歳の少女テイラー。その死はスキャンダラスに報じられ、母親は精神バランスを崩してしまう。心に壁を作ったテイラーは母と二人で孤独に暮らしていたが、ある日強盗に襲われ危篤状態に。…

【日本昔話を題材としたミステリー】むかしむかしあるところに、死体がありました。

著者 青柳碧人 【内容】 昔ばなし‥‥なのに‥‥新しい!? むかしむかしあるところに、浦島太郎という漁師がおりました。ある日、太郎は、海辺でいじめられていた亀を助けました。亀はお礼にと、太郎を龍宮城に案内しました。その竜宮城で―――――事件は起こりまし…

【無免許で部活でサーキット】天竜川高校 竜競部!

著者 郁子 匠 (うべ たくみ) 【内容】 何かとヘタレな今村心は、高校入学を機にやりたいことを見つけたいと新入生歓迎会に臨む。 そこで見たのは「竜競部」のド迫力バイクスタント。 バイクに興味を持った心は恐る恐る部の門を叩き、大人びた雰囲気を持つ…

【絡まった鎖がほどけたときのスッキリさ!】花の鎖

著者 湊かなえ 【内容】 毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」――。 驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働…

【アンデルセン『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』を知っていますか?】豆の上で眠る

著者 湊かなえ 【内容】 小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉・万佑子が失踪した。スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者の噂。必死に捜す結衣子たちの前に、二年後、姉を名乗る見知らぬ少女が帰ってきた。喜ぶ家族の中で、しかし…

【青春ほろにが系やり直しストーリー】イシイカナコが笑うなら

著者 額賀澪 【内容】 その幽霊は「やり直し」の時間をくれる。 どの生徒にも慕われるスーパー教師の菅野。しかし、内心にはいつも虚しさが渦巻いていた。そんな彼の前にかつての同級生の幽霊、イシイカナコが現れる。「ねえ、イシイカナコの“人生やり直し事…

【90年代のなつかしさとグッとくる愛の物語】僕の母がルーズソックスを

著者 朝倉 宏景 【内容】 朝起きたら、母親が17歳になっていた――。 外見はアラフォーの専業主婦なのに、 16歳の息子の俺に向かって「ねぇ、君さ、ウチのピッチ知らない?」と言い放ったのだ。 一人息子の俺が、昨日あんなことをしでかしたからなのか。 原因…

【サスペンス×SF】帰去来

著者 大沢在昌 【内容】 大沢在昌、作家生活40周年記念の第1弾は、パラレルワールド警察小説 警視庁捜査一課の女刑事が、 「光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市」にタイムトリップした――。 警視庁捜査一課の“お荷物”志麻由子(しま・ゆうこ)は、連続殺…

【言葉を使った青春ミステリー】ことのはロジック

著者 皆藤 黒助 【内容】 元天才書道少年が恋したのは 日本語を愛する金髪転校生だった―― 「月が綺麗ですね」を超える告白をして、青春を取り戻せ! 書くべき言葉を見失った元天才書道少年の墨森肇は、金髪碧眼の転校生アキに一目惚れ。 しかし、アキの憧れ…

【幽霊とお話するだけの簡単なお仕事です】送り屋 ―死者を送る優しく不器用な人たち―

著者 御堂彰彦 【内容】 想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによって。死者と話せる調査員は、調査の過程で今は亡き人たちの願いに触れる。そしてそれを叶えることで、“向こう”へ送ろうと…

【ロシアのパンやお菓子がとってもおいしそうな一冊】昨日の僕が僕を殺す

著者 太田紫織 【内容】 大ヒット「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」著者、新作始動! 北海道、小樽。ロシア系クオーターの男子高校生、淡井ルカは、叔母を弔うため、彼女の愛したベーカリーを訪れる。そこで出会ったのは、イケメン店長の汐見と人懐っ…

【まんまと騙された】悪いものが、来ませんように

著者 芦沢央 【内容】 助産院に勤める紗英は、不妊と夫の浮気に悩んでいた。彼女の唯一の拠り所は、子供の頃から最も近しい存在の奈津子だった。そして育児中の奈津子も、母や夫、社会となじめず、紗英を心の支えにしていた。そんな2人の関係が恐ろしい事件…

【冬が来るたびに死にそうになる話】この冬、いなくなる君へ

著者 いぬじゅん 【内容】 「この冬、君は死ぬ」謎の男に告げられた24歳の菜摘の運命は…。 ラストのどんでん返しに驚愕! 涙が溢れる著者渾身の最新作。 文具会社で働く24歳の生久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり…