プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【最終章まで序章】スロウハイツの神様

f:id:piyopiyobooks:20171224002211j:plain

著者 辻村深月

 

【内容】

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだーー

あの事件から10年。
アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。
夢を語り、物語を作る。
好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。
空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

 

【感想】

★★★★★

この本はレビューで人気だったので買いました。

上巻を読んで、「え?私そんなにはまれないんだけど・・・。そんなにみんなが言うほど面白くない・・・。」と思い、しばらく下巻に手を出しませんでした。昨日の夜、ふと思い立って下巻を読んだのですが、

 

上巻だけ読んで「あんまりおもしろくないじゃん」って思った私をひっぱたきたい!!

 

下巻、それまで張った伏線をパズルのように見事にはめていき、そして最後のチヨダコーキの回想部分、

 

大号泣!感極まりました!!

 

最初にコーキが環に会った時の「お久しぶりです」、コンビニで売っていたという、コーキおすすめのハウス・オブ・オズのケーキ、駅でのチヨダブランドのアニメ鑑賞、天使ちゃん、もう見事でした!!なるほど!なるほど!!そうだったのか!!って感じ。

もう一回最初から読み返したくなること間違いなし!!

 

 

素晴らしい読後感。雨降りの後の晴れ間のようなあのさわやかな感じ。

 

めっちゃおすすめです。

 

 

最後まで読んでください!!!

 

 

 

 

 

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

 

 

 

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)