プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【感動が止まらない】熟れた月

f:id:piyopiyobooks:20180102202305p:plain

 

著者 宇佐美まこと

※ゲラ読了。発売は2018年2月20日だそうです。

 

 【内容】

 

【感想】

★★★★★

新年早々とても面白い本に出会いました。

 

「ウーピーパーピーの木の下に埋めた」このキーワードが最後に思いっきり生きてきた。

 

  • 導入で殺人を犯してしまった母親、陸上部で活躍する息子、その息子にあこがれている女子高生、そして女子高生のメル友、女子高生が死んでしまったときに出てきた謎の男の子がでてくる。
  • 女子高生は、あこがれの先輩の母親がバイト先で男の人と会っていて、様子が変なことを気にしている様子。
  • その母親は男を殺害してしまい、その女子高生に、「息子にウーピーパーピーの木の下に埋めたと伝えて」と言い、逮捕される。
  • その後女の子は自分のメル友KENに、先輩の母親が「ウーピーパーピーの木の下に埋めた」という謎の言葉を残したと報告。先輩に伝えようとする。
  • 先輩に伝えようとするも、途中で事故に会い、死亡。その時その「想い」を汲み取れる不思議な少年が「その言葉は、いいタイミングで彼に伝えられる」と彼女に言う。

 

その後金貸しの女とそこで働く乾という男が出てきて、謎の言葉は特に明かされず、先ほどの登場人物も言及されないまま、なんだろうと読みすすめていたら最後に全部つながって「はっ」と思わず声が漏れてしまった。

「そういうことだったのか。」

 

 最後は本当に怒涛の展開で、感動が溢れて止まらなかった。すごく良いものを読んだと思わせてくれる一冊でした。

 

すごくすごく面白かった。おすすめの一冊です。

 

この著者さんは読んだことがなかったので、ほかの作品もぜひ読みたいと思いました。

 

熟れた月

熟れた月