プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【結婚式は楽しい】本日は大安なり

f:id:piyopiyobooks:20180122191753j:plain

著者 辻村深月

【内容】

11月22日、大安。県下有数の高級結婚式場では、4月の結婚式が行われることになっていた。だが、プランナーの多香子は、クレーマー新婦の式がつつがなく進むか気が気ではない。白須家の控え室からは大切な物がなくなり、朝から式場をうろつくあやしい男が1人。美人双子姉妹はそれぞれ、何やらたくらみを秘めているようで―。思惑を胸に、華燭の典に臨む彼らの未来は?エンタメ史上最強の結婚式小説!

 

【感想】

★★★★☆

結婚式場でのドタバタ小説。

本日結婚式を挙げるカップルは

・美人双子姉妹の妹と映一

・29歳のギャルみたいなクレーマー嫁と年上夫

・白雪姫のドレスを着る薬剤師りえちゃんと7歳年下のバイト東くん

・新婦に秘密を言えないまま結婚式を当日に迎えてしまった陸雄とまだ来ていない新婦

の4組。

ふたを開けてみれば

美人双子姉妹は入れ替わって新郎が気付くかなんか画策してるし

クレーマーのとこではスピーチの子の着付け美容の予約が取れてない

りえちゃんのことを大好きなりえの甥っ子真空くんが東くんが何か企んでいると不安で白雪姫のカチューシャを隠してしまう

陸雄は既婚者。浮気相手ととんとん拍子に結婚することになってしまったので、どうにか止めたい!

 

とそれぞれいろんな事情を抱えている。

 

この中ですごく好きだったのが真空くん。白雪姫の小人さながら、白雪姫を悪い魔女と王子から守ろうとします!かわいい。

そして映一さん。とってもかっこよかった。面倒くさい双子とお幸せに!

 

最終的にきれいにまとまって、読後感とっても良かったです。

 

 

 

本日は大安なり (角川文庫)

本日は大安なり (角川文庫)