プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【真剣なのに面白い】オロロ畑でつかまえて

f:id:piyopiyobooks:20180226012542j:plain

著者 萩原浩

【内容】

第10回(1997年) 小説すばる新人賞受賞

 超過疎化にあえぐ日本の秘境・牛穴村が、村おこしのため、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは! ? 痛快ユーモア小説。第10回小説すばる新人賞受賞作。(解説・池上冬樹)

 

【内容】

★★★★☆

村おこしの為に倒産寸前の「ユニバーサル広告社」にお願いし、村のプロモーションをお願いする。

最初に村を案内するんですが、もうめっちゃ面白い。

そして最終的には恐竜まで出現させてしまう。

 

本人たちは真剣にやってるんですが、それが面白い。

 

200ページ少々なので、軽く読むのにぴったりでした。

 

 

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)