プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【信じることの難しさ】怒り

f:id:piyopiyobooks:20180227024956j:plain

著者 吉田修一

【内容】

若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

 

【感想】

 ★★★★★

信じることは難しい、そう思った。

この小説は場所が3か所に別れていて、それぞれ怪しい謎の男が出てくる。名前も素性も確かではない男たち。その男と、その男に関わる人たちで構成されている。

最初に殺人事件が起きていて、この3人のうち、だれかが犯人「山神一也」なんだと思わせるような記述。

 

身元不詳の怪しい男たち、知れば知るほど怪しさを増していく。

そんな男たちと関わっていく登場人物。

身元不詳の男①田代

千葉の房総にて漁業関係の仕事に就く謎の若者。

ソープランドで働いていた愛子という娘と暮らす父・洋平は娘、愛子が田代と関わっていくことに少し不信を抱くも、娘が惚れている男だからと信じたい気持ちもある。

田代が働く前にいた長野のペンションに行くも、働いていたことは働いていたが、働いていた年数は嘘で、名前も偽名であることを知る。

愛子は田代から親の借金で追われているため、そのようにしていると聞くが・・・。

 

身元不詳の男②大西直人

ゲイである優馬が拾ってきた男。働かず、優馬と一緒に暮らす。

優馬の母親が入院していることを聞くと、直人はお見舞いに行き、母親や兄嫁からは好印象を持たれる。優馬は直人のことを好きになるが、優馬の周りで泥棒騒ぎが起きる。

そしてテレビでやっていた「山神一也」の件でも直人のことを怪しんでしまう。直人のことを信じたいが、どうしても信じきれない。

 

身元不詳の男③田中

沖縄の無人島に潜伏していた男。ひょんなことから女子高生、泉と知り合うが「ここにいることは内緒に」と言われる。泉のことを好きな辰也にもある日沖縄にて紹介。泉と辰也が島に帰るとき、泉が米兵にレイプされそうになる。誰かの声で米兵が逃げ、辰也が泉のもとに駆け付けるが、通報はしたくないという泉。その後無人島で辰也は田中と再会し、自分の家のペンションで働くように言う。泉の事件の時声をかけたのは田中だと田中から聞き、辰也は田中を信頼し、兄弟のように慕う。ある日泉が無人島を訪れたとき、壁に落書きがあるのを発見する。その後辰也もその落書きを見て、様子が変わる。

 

上下巻通して、「信じることは難しい」ということが描かれていました。

すっかり信じてしまい、裏切られたことに対する辰也の衝動。疑いを向けてしまったために、後悔する愛子、そして優馬

 

相手を信じるということは、その相手を信じている自分を信じるということ。それなんかマンガかなんかに書いてあった気がしますが、その通りかもしれない。

 

全く関係ないですが、吉田修一さんはいい男ですね。表紙をめくると顔写真があるんですが、「うわ、かっこいい!」と思いました。渋くていい男です。好きです。

 

 

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 
怒り (下) (中公文庫)

怒り (下) (中公文庫)