プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【希望は減らない】世界地図の下書き

f:id:piyopiyobooks:20180228224641j:plain 

著者 朝井リョウ

【内容】

 両親を事故で亡くした小学生の太輔は「青葉おひさまの家」で暮らしはじめる。心を閉ざしていた太輔だが、仲間たちとの日々で、次第に心を開いてゆく。中でも高校生の佐緒里は、みんなのお姉さんのような存在。卒業とともに施設を出る彼女のため、子どもたちはある計画を立てる…。子どもたちが立ち向かうそれぞれの現実と、その先にある一握りの希望を新たな形で描き出した渾身の長編小説。 

 

【感想】

★★★★★

一言でいうと、素晴らしい作品でした。

解説でもおっしゃられている通り、「児童文学」としても素晴らしい作品です。是非大人だけでなく子供たちにも読んでいただきたい作品です。

 

舞台は養護施設。

親と一緒に暮らすことができない子供たちが暮らす家。

 

それぞれ事情があり、それぞれ問題を抱えている。

 

主人公太輔は、小学生の時に両親を事故で亡くし、子供のいない伯父伯母夫婦のもとに一時は引き取られるものの、うまくいかず施設へ。

伯母さんは3年後もう一度一緒に暮らしたいというも、実は事情があって、太輔はそれに気づいてしまう。伯母の気持ちも痛いほどわかるが、「そうじゃないでしょ」と思う。「自分の為に太輔を引き取る」のはやはり太輔も頭がいいので気付いてしまった。

 

太輔が好いている、当初から世話を焼いてくれた佐緒里。

彼女は夢があり、大学に行くという目標の為に日々アルバイトや勉強を頑張る。しかしある時、その目標が叶わなくなってしまい、不条理さにこちらもやり切れない思いになる。「誰が悪いわけでもない」と施設で世話をしてくれるみこちゃんは言う。その通りだが、やり切れない。

 

ほかの子供たちもイジメ、親との関係、事情を抱えている。

 

最終的に佐緒里の為に3年前から中止されていた「願い飛ばし」を復活させるために、子供たちは奮闘する。そこで材料の件で先生が叱りに来たところでみこちゃん

「誰かから何かを奪ってはいけないなんて、そんなこと、この子たちはわかっています。きっと、私たちよりもずっと。だけど人からモノを盗んでまで、学校に忍び込んでまでこんなことをした。そこにはすごくすごく大きな理由があるはずなんです。」

みこちゃーん!!かっこよすぎる。涙があふれたよ。

 

そして最後、佐緒里の言葉。

ばらばらになっても、きっと誰かに出会える。希望は減らない。

 

心に刺さりました。

 

理不尽で不条理なことは世の中にたくさんあって、それをどうすることもできない。けど、希望は絶対に減らない。そんな救いのある言葉で締められていました。

心に残る作品でした。

 

世界地図の下書き (集英社文庫)

世界地図の下書き (集英社文庫)