プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【晩婚・シニア婚の方法、課題】人は死ぬまで結婚できる

f:id:piyopiyobooks:20180307010617p:plain

著者 大宮冬洋

【内容】

「結婚難」が止まらない。日本人の平均初婚年齢は年々上昇し、男性は30.7歳、女性は29歳。男性の23%は「生涯未婚」とされる一方で、結婚できても3組に1組は離婚する。
ひとりで生きていくと決意しても、「独居老人」「孤独死」といった不穏な単語が頭をよぎる。
人生100年時代、折り返し地点を迎えてから、伴走者を見つけたっていい。人はいつでも結婚できるし、それによって豊かに幸せになれる。年を重ねてからの結婚は「晩婚」ではない、「熟慮婚」なのだ。
80組以上の夫婦の取材から見えてきた、晩婚の幸せ、課題、婚活ノウハウを伝える。
東洋経済オンラインの人気連載「晩婚さんいらっしゃい!」を書籍化。

 

【感想】

★★★★☆

ニュースでも、街中でも、寺でも、ネットでも、どこでも目にする言葉「婚活」

この本は婚活を乗り越えて「晩婚」「シニア婚」された方の取材からどのようにして結婚に至ったか、どこで出会ったか、子供を持つ、持たないの問題に対してはどうなのか、そしてなぜ晩婚になったのかなどが詰め込まれた一冊です。

 

私自身は28歳、当時夫は29歳で結婚したので晩婚ではないのかなとは思いますが、やはり親族や友人にもバツイチ独身や独身のまま30を超えてしまった人が結構います。

 

結婚していない理由は人それぞれで、別に結婚という形にとらわれることもないし、今それで幸せならばいいんじゃないかなと思いますが、この本は

「結婚しなくても幸せにはなれるけど、結婚したら豊かな人生を送りやすい」という意見で書かれています。

 

やはりネット婚活やお見合いパーティなどが多く見受けられますが、ネット婚活、最近は怖いニュースが結構あるのでどうなのかな・・・と思ってしまいます。しかしこちら海外では、ネットで出会って結婚してる方(特に日本人×外国人の組み合わせ)も結構多くいらっしゃいます。なので、大きな声で「ネット婚活は怖い」なんて言えません。

30超えてくると、なかなか合コンにも行く機会がなくなってくるのかもしれません。私は昔の職業柄かなり行ってました(笑)

 

ただ、ひとつ面白いなと思ったのは「読書会」

猫町倶楽部」という読書会なのですが、これで出会ってる方も結構いるそうで。私も読書会なら参加してみたいなと思いました。こうやって趣味で出会えるのはなかなか気が合いそうで面白そうですよね。でもスピード感から言ったらやはり「結婚相談所」などかもしれませんが。

 

また、晩婚、シニア婚になってくると「子供を持つ、持たない」の問題もあります。運よくすぐできればいいですが、不妊治療に頼らざるを得ない場合もあります。そういった場合、辛く苦しい時を乗り越えたり、はたまたそのまま乗り越えられずに終わってしまったりするので、この問題はかなりデリケートかつ深刻だと思います。もちろん若く結婚してもできないことって普通にあるのですが、やはり女性で35歳を超えると急がねばッて思いますよね。

里親、養子縁組制度などを考えるのも一つの手だと思いますし、人それぞれ考え方も違うと思います。

 

若い人で晩婚化を避けるために読むでもよし、30超えたけど、結婚どうしようかなと思って読んでみるもよし、結婚なんて考えない人が「へえ、こういう人生もあるのね」なんて読んでみるのもいいと思います。

 

私自身30を超えてから「いろんな人の考えがあるんだから、自分の考えと違っていても、へえ、そういう考えもあるんだな。くらいで思って他人に自分の考えを押し付けない」というふうに思い始めました。

 

周りで結構いるんですよね。特に子持ちの主婦に多い気がします。

自分の考えを押し付けたり「早く結婚したほうがいい。早く子供を持ったほうがいい。」っていう人。言われたほうもなかなか結婚してなくてきっと親などにも言われてたりすると思うんですよね。ただ嫌な気分になるだけだと思うので、そういうのの押し付けはしたくないなと思う今日この頃。

 

ただし、私も結婚して人生がより豊かになったかなと思います。

 

結婚して、子供を持っていてもやっぱり離婚したり、離婚まではしなくてもケンカばかりだったりするカップルも多いです。なので、どちらがいいのか、本当によくわからないなと思います。