プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【衝撃のラストに思わず声が出る】奇譚ルーム

f:id:piyopiyobooks:20180316170103p:plain

著者 はやみねかおる

【内容】

ぼくが招待されたのは、SNSの仮想空間「奇譚ルーム」。

ぼくを含む10人のゲストが、奇譚~不思議な話~を語りあうために集まった。

そのとき突然、発言主不明のふきだしが現れる。

「わたしは殺人者(マーダラー)。これから、きみたちをひとりずつ殺していくのだよ」

マーダラーとはいったい誰なのか?

死の制裁にはなんの目的があるのか?

衝撃のラストがきみを待っている!

 

【感想】

★★★★☆

横書きで、セリフはふきだしの中にはいっていて、イラストも結構あるので、漫画のような感覚というか、ネットでそのままスクロールしながら読んでいく感覚と言いますか。

日本語の本を横書きで読むのはなんとなく抵抗がありましたが、ジャンルとしては児童書みたいなので、読書習慣のない若い人には読みやすいかもしれません。

 

ルームのメンバーが次々と奇譚を発表し、面白くない人は殺されるというミステリー。

衝撃のラストに思わず「あっ」と声が出ました。そして同時に「なるほど!そういうことだったのか。」と。奇譚についての謎も解けます。

 

でも、最後のエンディング部分は蛇足に感じてしまいました。あれなくてもよかったんじゃないかなあ。

 

小学校高学年~中学生くらいの方にお勧めしますが、大人が読んでも面白かったです。

 

奇譚ルーム

奇譚ルーム