プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【完璧な家族とは】ラプラスの魔女

f:id:piyopiyobooks:20180323183119j:plain

著者 東野圭吾

【内容】

 ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。地球化学の研究者・青江が警察の依頼で事故現場に赴くと若い女の姿があった。彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。2か月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。ふたりの被害者に共通点はあるのか。調査のため青江が現地を訪れると、またも例の彼女がそこにいた。困惑する青江の前で、彼女は次々と不思議な“力”を発揮し始める。 

 

【感想】

★★★★☆

すらすらと読めて面白かったです。

最初に羽原円華という少女が「未来が分かる」?ような不思議な能力を発揮するのですが、それを読んで「え、異能系はちょっとやだなあ」なんて思いましたが、思ったよりも受け入れやすかったです。

 

相次ぐ「硫化水素」を使っての死亡事故、その現場に現れる謎の少女円華、そして彼女が探す若い男の正体。

 

真相がわかると「うわ・・・これは・・・」となりました。

普通のミステリーとは違ってなかなか殺し方が特有なものなので、推理小説好きには「これはチート」と思わざるを得ない部分もあるかもしれませんが、話としては面白かったです。映画も面白そう。

 

映像化されてる作品を読むときは勝手に頭の中でキャスティングしながら読んでます。青江のイメージは桜井翔くんじゃないイメージだったけど。

 

ラプラスの魔女 (角川文庫)

ラプラスの魔女 (角川文庫)