プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【読んでるこっちもハラハラドキドキ】白銀ジャック

f:id:piyopiyobooks:20180325015509j:plain

著者 東野圭吾

【内容】

 

ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

 

【感想】

★★★★☆

本当に「痛快サスペンス」という感じ。

読んでるこっちも思わずハラハラドキドキしていました。

 

ゲレンデに爆発物が埋められているという脅迫状が届き、スキー場としては警察には届けたくない、閉鎖もしないの一点張りで読んでいてこっちもイラっとしていましたが。

 

最終的に納得。

 

スキー場にちょうどその時に来ていた老夫婦までめっちゃ疑いましたよ。

禁断のゲレンデの理由になってしまった事件に関してはそちらも解決されて、とっても良くできたミステリーでした。面白かったです。

 

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

白銀ジャック (実業之日本社文庫)