プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【女の恐ろしさ】たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に

f:id:piyopiyobooks:20180413163407p:plain

著者 佐藤青南 

原案 栗俣力也

【内容】

★★★★☆

久しぶりの恋になりそうな女子大生ナナに出会ったコーヨー、思い切って彼女を映画に誘うと、同僚の女性佑子からも同じ映画のお誘い。ナナちゃんととりあえず映画に行ったところやはり好きになってしまったことを自覚し、同僚の誘いを断る。

するとその同僚の女はなんか異常なしつこさで誘ってくる。

「同僚だからダメなんですか?」と彼女は言うと、コーヨーをクビにさせようと陥れるまでしてきて「もう同僚じゃないから映画に行きましょう」と誘う。

裕子の異常性に気付き、いろいろ調べていくもコーヨーは殺されてしまう。

 

裕子はすぐに警察に捕まるが、なぜ彼女ははウソをつくのか、そしてだんだん見えてくるナナとの驚きの関係。

 

事件の真相がわかるにつれて、裕子の異常性に恐怖します。

 

コーヨー、裕子、七の目線で物語が進んでいくのでとても分かりやすく、引き込まれて一気読み必至。

 

面白かったです。

 

 

たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に (祥伝社文庫)

たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に (祥伝社文庫)