プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【最後一行で落涙】ふたりみち

f:id:piyopiyobooks:20180509012018p:plain

著者 山本幸久

【内容】

昭和歌謡の歌手で、今は函館の小さなスナックのママ。67歳の野原ゆかりは、本州をめざし津軽海峡をフェリーで渡っていた。ある事情で抱えた借金返済のため、昔のつてを頼ってコンサートツアーと称したドサ回りの旅に出たのだ。船内で偶然知り合った同じ名前の森川縁は、12歳なのにゆかりの唄に興味を持ったとしてついて来てしまう。彼女が家出してきたことを知ったゆかりは、親に連絡させ仕方なく東京まで連れて行くことにするが、行く先々でトラブルが起き彼女のコンサートはことごとく中止に。そんなゆかりを支える縁。2人は55歳の歳の差を超えて、いつしか固いきずなで結ばれていった。ついに最後の会場、東京に着いたふたり。そこには、ゆかりの悲しい過去が刻まれていた。

「運命は変えられる、たとえ67歳でも!」

笑って笑って笑って、ラストの一行に心が鷲掴みされます! 号泣、必至

 

【感想】

★★★☆☆

号泣とまではいきませんでしたが、最後の一行でたしかにほろりときました。

 

完全に大竹しのぶさんで頭の中で映画化されてました。縁はだれかなー。ミラクル♡ローズも誰が適役かな。

 

67歳のゆかりと12歳の縁、心を通わせていくところにじーんときました。ドサ回りをするもなかなかコンサートができないゆかり。今人気のラッパー「ミラクル♡ローズ」とのラップ対決の時はこちらの心もすっとしました。

 

「運命は変えられる」いいなあ。

 

ゆかりの過去も、抱えているものがあり、切なかったです。

 

 

ふたりみち

ふたりみち