プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【お金について見直すきっかけになる】ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則

f:id:piyopiyobooks:20180516174105p:plain

著者 小林昌裕

【内容】

都内のメーカーに勤める40歳の平凡なサラリーマン・務。パートの妻や発達障害の息子との関係はぎくしゃくして家庭に居場所はなく、地方に残した老親の介護費用が家計に重くのしかかる。会社からの評価、妻との老後、子どもの教育……といくつもの不安を抱えながら朝早く夜遅く満員電車に揺られる毎日を繰り返していた。

そんなある日、偶然が重なり、同じ父親でも若い億万長者の男・小谷と出会う。小谷との対話で務の考え方は変わり始め、勇気を振り絞ってある小さな一歩を踏み出したことで、「もう逆転なんてない」とあきらめていた人生は大きく動き始める――。

 

【感想】

★★★★★

お金の本なのに、本当に泣けました。小説を読んでいるかのようでした。


主人公務(40歳)は平均的なサラリーマンですが、父親の介護費用、息子の発達障害の為に妻は仕事をやめパートでお金はきつきつ。でもおそらくそれは普通の平均的な家族ならよくある悩みだと思います。それが、とあるきっかけでお金を投資することや、使い方に目を向けるようになり、その結果幸せになっていくという話。


「うまくいきすぎでしょ、投資ってそんなに順調なもんじゃない」とも思いますが、「お金について考える」ことや「お金を使うこと」は大事だなあと思いました。私は比較的現状に満足はしていますが、「毎年の日本への里帰り費用」や「旅行」「生活」「住宅ローン」をいろいろチェックしてみるとうちも結構余裕はない。

 

現在住んでいる国は欧州の先進国ですが総じて給料は低めだし、ニュースによるとかなりの人が「いつも銀行口座がマイナス」。貯金ないとか怖すぎる。

 

確かにこの世の9割はお金で解決できる問題であると思います。お金が増えて不幸になることはそうそうない。これからのお金の使い方などを見直そうと思うきっかけになる一冊でした。

 

 

 

ふがいない僕が年下の億万長者から教わった 「勇気」と「お金」の法則

ふがいない僕が年下の億万長者から教わった 「勇気」と「お金」の法則