プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【タイトルの意味が分かった時に涙する!】赤い指

f:id:piyopiyobooks:20180531023250j:plain

著者 東野圭吾

【内容】

 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。 

 

【感想】

★★★★★

序盤からぐいぐい引き込ませる作品でした。

さすが東野圭吾っていう感じです。面白かった!

 

犯人が最初に示されているタイプのミステリーです。

家族で、息子を守るために隠蔽工作をするのですが、この少年がめっちゃ腹立ちます。でも、こういう人、かなりいるし、殺人事件を起こしてる犯人でも、こんなんめっちゃいるわー!って思います。

そして息子を守ろうとする母。こちらにも苛立ちを覚えますが、こんなんするのも息子を守りたい一心。気持ちはわかります。

そして父親。私はこの父親にすごく共感しました。私だったらこのタイプなのかもしれない。

最後に同居するおばあさん。

 

最後、タイトルの意味が分かるのですが、もうその時に「おばあちゃーーーーん!」ってなること間違いなし!

 

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)