プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【とにかく厚い】悪霊の館

f:id:piyopiyobooks:20180626024346j:plain

著者 二階堂黎人

【内容】

不気味な逆五芒星の中央に捧げられた二重鍵密室の首なし死体。邸内を徘徊する西洋甲胄姿の亡霊。資産家一族の住む大邸宅で、黒魔術のミサを思わせる血みどろの惨劇が続く。当主はなぜ警察の介入を拒むのか。そして、「呪われた遺言」に隠された真実を追う名探偵・二階堂蘭子にもついに殺人者の魔の手が迫る。

 

【感想】

★★★☆☆

とにかく厚いですね。文庫本なのに厚さが3cmくらいあります。3巻くらいに分けてもいいのではと思うような厚さ。

 

内容は結構面白かったです。

殺され方、なかなか残虐。そして登場人物の関係も、なかなか面白い。

ただし登場人物が多いので、しょっちゅう「この人だれだっけ」と家系図や人物紹介を見返したりしました。

 

 

悪霊の館 (講談社文庫)

悪霊の館 (講談社文庫)