プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【馬・馬・馬】焦茶色のパステル

f:id:piyopiyobooks:20180626024751j:plain

著者 岡嶋二人

【内容】

ミステリー界の至宝はここから誕生した。
二人で一人の作家、岡島二人のデビュー作にして江戸川乱歩賞受賞作。

東北の牧場で牧場長と競馬評論家・大友隆一が殺され、サラブレッドの母子、モンパレットとパステルが銃撃された。隆一の妻である香苗は競馬の知識は一切持っていなかったが、夫の死に疑問を抱き、次々と怪事件に襲われる。一連の事件の裏には、競馬界を揺るがす恐るべき秘密が隠されたいた。

 

【感想】

★★☆☆☆

この本の前に『悪霊の館』を読んだからか、読み終わるスピードが全然違いました。

あんまり競馬にも競馬の馬にも興味はないですが、主人公の香苗も競馬の知識がないのでわかりやすく、すらすらと読むことができました。サラブレットとか、血統とか、いろいろ厳しいんだなあと思いました。

 

 

 

 

焦茶色のパステル (講談社文庫)

焦茶色のパステル (講談社文庫)