プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【人間の醜い本能や欲望にぐいぐいと引き込まれる】鯖

f:id:piyopiyobooks:20180914220632p:plain

著者 赤松利市

【内容】

貧困に生きる人間の悍ましさを抉る問題作。
第一回大藪春彦新人賞受賞者、受賞第一作長篇!

厳冬。日本海に浮かぶ孤島に、雑賀の一本釣りを自称する漁師たちがいた。知性もなく、金もなく、粗暴な老漁師たちが持っているのは、団結力と一本釣りの腕のみ。日銭を稼ぎ、場末の居酒屋で一杯ひっかけ、銭湯へ入れれば、それで幸せだった。
しかしそれぞれの欲望は着実に、彼らの生を崩壊へと向かわせており。

 

【感想】

★★★☆☆

最初のほうは「おじさんくさいような、自分が好んで読む感じの文章ではないな。」と思っていました。しかしだんだん人間の醜い本能や欲望がむき出しに描かれてきて、ぐいぐいと引き込まれていきました。

 

登場人物がまず汚い感じなんですよね。映像化するには薄汚いような。

おじさんや醜い男、漁師という仕事、そしてタイトルの「鯖」。

普段なら手に取らないような感じの本です。

でも、ぐいぐい引き込まれていくんですよね。なんなんでしょう。

 


想像してしまいうわっと目をそむけたくなる場面もありましたが、面白かったです。

 

 

鯖 (文芸書)

鯖 (文芸書)