プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【恐ろしいのは大人だけじゃない】ユートピア

f:id:piyopiyobooks:20180921002908j:plain 

著者 湊かなえ

【内容】

【第29回 山本周五郎賞受賞作】

善意は、悪意より恐ろしい。

足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金「クララの翼」を設立。
しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件が姿を表わす――。
湊かなえが放つ、心理サスペンスの決定版。

地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、夫の転勤がきっかけで社宅住まいをしている妻・光稀、移住してきた陶芸家・すみれ。
美しい海辺の町で、立場の違う3人の女性たちが出会う。
「誰かのために役に立ちたい」という思いを抱え、それぞれの理想郷を探すが――。

 

【感想】

★★★☆☆

山本周五郎賞だけど、そこまでグッと来なかったかな、というのが私の感想。

陶芸家・すみれがは「こういう人、いるいる!」と思いながら読めました。痛い!

菜々子の娘・久美香は交通事故にあったことにより歩けなくなり、車いすで生活している。久美香と友達になった光稀の娘・彩也子の作文により、すみれは自身の作品をチャリティーで売ることを思いつき、それで名声を得ようとする。しかし、そんななか不穏な噂や事件が起こり、過去の事件も合わせて物語はきな臭くなっていく。

 

最終的に健吾側の思惑などがあまりはっきりしないため、少しもやもや感が残る。

最後の最後である「告白」があり、湊かなえだなあーと思わせてくれた。

 

 

ユートピア (集英社文庫)

ユートピア (集英社文庫)