プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【自分にももしかしたらその時がやってくるかもしれない、「物忘れ」】永善堂病院 もの忘れ外来

f:id:piyopiyobooks:20180923190631p:plain

著者 佐野香織

【内容】

「もの忘れ外来」--そこは、孤独や不安が明日への希望に変わる場所。

認知症の不安を抱く人々が訪れる「もの忘れ外来」を舞台に、

看護助手・奈美の葛藤と成長を描く、感動の医療小説。

 

【感想】

★★★☆☆

 

自身もメラノーマというがんに侵されて、仕事もやめ祖母の家で暮らす佐藤奈美。
資格もなく医療現場で働くことが初めてだった奈美は、慣れない仕事に戸惑いながらも真摯に向き合っていこうとする。 物事を忘れていってしまうことに不安を覚える患者さんたちや、その周りの人たちについてリアルに描かれていた作品でした。

しかし、フォントがあまり好きになれず文章が読みやすい割にはとっつきにくかったのと、最終的に何が言いたいのかはあまり伝わってこなかったかなと思いました。

 

 

永善堂病院 もの忘れ外来

永善堂病院 もの忘れ外来