プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【息子が犯罪者になったら】Aではない君と

f:id:piyopiyobooks:20180927180138j:plain

著者 薬丸岳

【内容】

あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作。

 

【感想】

★★★★★

友罪』と合わせて買った本。同じような少年犯罪がテーマだが、こちらは『息子が友人を殺してしまったら』を父親目線で書いた本。

友罪にもせまる息苦しさ。

読んでいてどうしても親側の想いにシンクロしてしまい、何か理由があったはず、絶対相手が悪いはず!と思わずに入られませんでした。最後の翼の告白はとても苦しかったです。更生とは、教育とは、難しいことだなと思いました。

 

 

Aではない君と (講談社文庫)

Aではない君と (講談社文庫)