プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【綾辻行人はスプラッタもお上手】殺人鬼

f:id:piyopiyobooks:20181024222500j:plain

著者 綾辻行人

【内容】

夏期合宿のため双葉山を訪れた親睦団体「TCメンバーズ」の一行。人里離れた山中での楽しいサマーキャンプは、突如出現した殺人鬼によって、阿鼻叫喚の地獄と化した。次々と殺されてゆく仲間たち…手足が切断され、眼球が抉りだされ、生首は宙を舞う。血塗れの殺戮はいつまで続くのか。殺人鬼の正体は。驚愕の大トリックが仕掛けられた、史上初の新本格スプラッタ・ホラー。

 

【感想】

★★★★☆

とにかく描写がすごいですね。殺人鬼がとにかく非常に残虐な殺し方で次々とキャンプに来ているグループの人たちを殺していくんですが、もうその描写がえげつない。グロイ!

 

夜寝る前に読んだのがいけなかったのか、怖い夢を見ました。

しかも、この小説一気読みしてしまうんですよね。怖いもの見たさというか。

 

綾辻行人さん、こんなスプラッタもかけるんですね。面白かったです。

最後の仕掛けにまんまと騙されました。

 

スプラッタ好きの方にお勧めです!

 

 

殺人鬼 (新潮文庫)

殺人鬼 (新潮文庫)