プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【もしも自分に罰を与える力があったら】ぼくのメジャースプーン

f:id:piyopiyobooks:20181105224542j:plain

著者 辻村深月

【内容】

 ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった―。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に一度だけ。これはぼくの闘いだ。 

 

【感想】

★★★★★

辻村深月さんお得意のSF(スコシフシギ)な物語。

学校でウサギがひどい殺され方をして、犯人を見た、ぼくのともだちのふみちゃん。

ふみちゃんはその後心を閉ざしてしまった。

ぼくには不思議な力がある。それを使って犯人に罰を与えようとするという話。

 

力を使うことにおいて不安な母親は親戚の、同じ力を持つ大学の教授に息子に力についてのレクチャーをしてもらうことに。

 

そのレクチャーを通して相手にどんな罰がふさわしいか、力を使うべきなのか使わないべきなのかなど、自分も考えさせられていく。

 

相手に罰を与えるという力、普通は司法で裁かれたりするけれど、もしその力が自分にあったら・・・・。しかも同じ相手には二度と使えない。

 

最後に「ぼく」が下した結論は、思いもよらない結論でした。

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)