プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【綿矢りさの怖い話】憤死

f:id:piyopiyobooks:20181105231236j:plain

著者 綿矢りさ

【内容】

 自殺未遂をしたと噂される、小中学校時代の女友達。興味本位で病室を訪れた私は、彼女が自宅のバルコニーから飛び降りた驚きの真相を聞く…表題作のほか、「おとな」「トイレの懺悔室」「人生ゲーム」を収めた、綿矢りさによる世にも奇妙な物語。 

 

【感想】

★★★★☆

綿矢りささんの本は久しぶりです。彼女がデビューしたころの物は割と読んだかな。

サイコホラー短編集。

掌編「おとな」
「トイレの懺悔室」
「憤死」
「人生ゲーム」

 

「おとな」は「え?これ綿矢りさ経験談?」なんて思っちゃいました。想像しただけで怖いです。

「トイレの懺悔室」はただ奇妙で怖かったです。

「憤死」はあるいみのおかしさなどもありました。ブラックな感じ。

「人生ゲーム」は「ザ・世にも奇妙な物語」っていう感じで。この中では一番好きだったかな。

移動時間などに軽く読めます。

 

 

 

憤死 (河出文庫)

憤死 (河出文庫)