プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【暖かい話にほっこり】ぼくは朝日

f:id:piyopiyobooks:20181123004219j:plain

著者 朝倉かすみ

【内容】

月刊「パンプキン」連載小説。

朝倉かすみ最新作『ぼくは朝日』単行本化決定!!!

1970年代、北海道小樽市

何か問題や困難、心配事をかかえた人物と、主人公の【朝日】が出会う。

朝日は彼らとふれあい、心に寄り添っていく。
問題を解決できるほどの力は朝日にはないが、彼と接した人は、気持ちが少し明るくなり、気づけば自分の問題を乗り越えている。

ベストセラー『田村はまだか』の著者・朝倉かすみが贈る!

昨日よりもちょっと幸せになれる――

周囲に変化をもたらす少年と家族の物語。

【感想】

★★★★☆

途中から


「ペール・ギュント」組曲より  朝

を聞きながら読みました。誰もが耳にしたことがある曲ではないでしょうか。

舞台は昭和中後期くらいなのかな、カラーテレビが普及し始めたごろの北海道。

どの話もなんだか暖かく、読んで暖かな気持ちになれました。「溝口美容室」のエピソードが好きでした。
耳の聞こえない人でも、そうでないだれとでも、溝口ご夫妻のお客さんに対する態度が公平で、とても好き。


懐かしさも感じてとてもよかった。「三丁目の夕日」を思い出しました。

 

ぼくは朝日

ぼくは朝日