プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【ロシアのパンやお菓子がとってもおいしそうな一冊】昨日の僕が僕を殺す

f:id:piyopiyobooks:20190207182541j:plain

著者 太田紫織

【内容】

大ヒット「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」著者、新作始動!

北海道、小樽。ロシア系クオーターの男子高校生、淡井ルカは、
叔母を弔うため、彼女の愛したベーカリーを訪れる。
そこで出会ったのは、イケメン店長の汐見と人懐っこい青年、榊。
直後、級友に肝試しで廃屋に呼び出されたルカは、
化け物じみた老婦人から、死んだ娘の婿になれと迫られる。
絶体絶命の中、榊に救われたルカだが、
彼と汐見には驚くべき秘密が……。
孤独な少年と、人に溶け込むあやかし達の、
パンと絆のホラーミステリ!

 

【感想】

★★★★☆

小樽が舞台のホラーミステリ。

主人公のルカはかなりの不遇な境遇、家庭環境もかなりの不遇で、唯一かわいがってくれた叔母が亡くなったばかり。そして学校でもいじめられる対象。

さらにひょんなことから冥婚させられて怖い目に合う羽目に。

とりあえず暗い話なんですが、出てくるロシアのパンやお菓子、食べ物がとにかくおいしそうでそちらでほっこりとします。ロシアが好きな私としては見逃せない作品です。

 

妖もたくさん出てくるお話なので、ファンタジー好きにもおすすめです。

続きも読んでみたいなと思いました。

 

昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)

昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)