プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【こじらせ女子の自慰ワールド】この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

f:id:piyopiyobooks:20190207191124p:plain

著者  新井見枝香 

【内容】

某有名書店の"型破り”書店員によるエッセイ第2弾。前作の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』から、さらにパワーアップ。30代後半独身女性の日常生活を、赤裸々に綴った「うまくいかない仕事」「うまくいかない美」「うまくいかない恋」「うまくいかない人生」は、新井ワールド全開、面白さ半端ない。

 

【感想】

☆☆☆☆☆

新井ワールド、私はどうもハマれないようだ。

 

彼女の本は『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』を読み、「本にするほどの物でもないな」と思った。
エッセイ第二弾ということで、そんなに良かったのかな、と確かめるために読みました。

 

が、私には合わないようです。

 

新井賞なんかは結構楽しみにしてるくらいなんですが。

 

いかんせんこじらせてるなっていう感じが文章からにじみ出ていて、イラっときてしまいます。こういう女子、好きじゃないんですよね・・・。むしろ嫌い。

 


タイトルは面白いんですけど、内容は「ブログに書いたら?」って思う程度・・・。ごめんなさい。

 

 

この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ