プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【サスペンス×SF】帰去来

f:id:piyopiyobooks:20190219011807p:plain

著者 大沢在昌 

【内容】

【感想】

★★★★★

500ページ強もある作品でしたが、長さを感じさせませんでした。
私もページをめくる手が止まらず一気読み。

 

首を絞められて殺害されそうになった由子が飛んだ先は現在の日本とは似つかないパラレルワールド


最初は読者である私もその世界観を知るためにゆっくりとページをめくっていく。

光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市で由子はエリート警視として活躍。なんだか戦後の日本みたいで闇市があり、そこを仕切っている2つのグループがある。その組織を壊滅させようと奮闘していくうちに、由子は自分を殺そうとした犯人の正体につながっていく。

 

その世界での由子の父親に会ったぐらいから物語は加速。ページをめくるのも加速。

父親の顔は由子の知っている父親の顔とは少し違っていた。別人だったのだ。しかもその父親は「パラレルワールドの存在を知っていて、そこへ行き来している人物を知っている」もう気になって仕方がない!!!

 

由子を殺害しようとした犯人の正体とは。パラレルワールドならではの展開に息をのむしかない。複雑に見えた現代日本と日本共和国の人間関係も、案外わかりやすくのめりこみやすかった。

 

文句なしに傑作!

 

 

帰去来

帰去来