プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【日本昔話を題材としたミステリー】むかしむかしあるところに、死体がありました。

f:id:piyopiyobooks:20190411175734p:plain

著者 青柳碧人 

【内容】

昔ばなし‥‥なのに‥‥新しい!?

むかしむかしあるところに、浦島太郎という漁師がおりました。ある日、太郎は、海辺でいじめられていた亀を助けました。亀はお礼にと、太郎を龍宮城に案内しました。その竜宮城で―――――事件は起こりました!なんと伊勢海老の「おいせ」が殺されてたのです!太郎は亀に頼まれて、殺人事件の調査に乗り出しました………(第4話「密室龍宮城」より)。全5編収録。

 

「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存知の≪日本昔ばなし≫を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!

 

【感想】

★★★★★

一寸法師、花咲か爺さん、鶴の恩返し、浦島太郎、そして桃太郎を題材としたミステリー。特に鶴の恩返しをモチーフとした『つるの倒叙がえし』はギミックが利いてて面白かったです。

次に好きだったのは『花咲か死者伝言』これも、あの有名な花咲か爺さんが殺されるんですが、その犯人とその同期がリアルで怖くて、面白いです。

 

誰もが知っている日本昔話。

それなのに新しい感覚で読めてとても面白かったです。

 

 

むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

 

 

ミステリー好きにもおすすめです。