プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【どちらの結果になっても辛いだけ】望み

f:id:piyopiyobooks:20190913004938j:plain

著者 雫井脩介

【内容】

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。
二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。
規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。
そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。
心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。
行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。
『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。
両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦しみ抜いた、渾身の力作。

 

【感想】

★★★★★

一戸建てを購入する予定なので最初の家の描写に「なるほど、参考になる」なんて読み始めました。

 

途中から事件が起こる。長男の規士が家に帰ってこないし電話も通じない。

そして近所では彼がかかわったとされる事件が。

 

果たして息子は被害者なのか、それとも加害者なのか。葛藤が募る。

被害者であった場合、亡くなっている可能性が高い。加害者であった場合、友人を死に至らしめたということでこれから家族として何をするべきなのか、どんな未来が待っているのか。

どちらを選んでも辛い。

 

最後の方に書かれていた

「信じるとか信じないとか、一登たちが’勝手にぶつかり合っているときにはもう・・・・」

最初から結果は決まっていたというところでもう涙が止まりませんでした。

 

読んでいる間中辛くて辛くて仕方なかった本ですが、すごく良く描かれているなと思いました。

 

 

望み (角川文庫)

望み (角川文庫)