プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【次刺されたら死ぬ】雀蜂

f:id:piyopiyobooks:20190913015544j:plain

著者 貴志祐介

【内容】

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった―。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!

【感想】

★★★☆☆

思ったよりB級パニックホラーって感じでした。

読んでいて楽しかったです。

なぜか雀蜂が飛び回る別荘。逃げ回る安斎。

最終的にはスキーウェアとフルフェイスヘルメットと思いもよらない+アルファで完全防御!

想像したらめちゃ面白くて笑ってしまいました。

私も高校の時に学校で刺されていて次刺されたらアナフィラキシー発症しそうなので共感はしましたが。

最後のオチまで楽しめました。

 

雀蜂 (角川ホラー文庫)

雀蜂 (角川ホラー文庫)