プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【婚活している人に是非読んでもらいたい】傲慢と善良

f:id:piyopiyobooks:20190913165604j:plain

著者 辻村深月

【内容】

婚約者・坂庭真実が忽然と姿を消した。
その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる。
生きていく痛みと苦しさ。その先にあるはずの幸せ──。
2018年本屋大賞かがみの孤城』の著者が贈る、圧倒的な"恋愛"小説。

【感想】

★★★★★

婚活で出会った一組の男女の大恋愛小説。

 

西澤架・・・父親が始めた事業を受け継いだ、小さな会社の社長。アラフォー。30代前半の時に付き合っていた20代の女性に結婚を迫られるも流し、振られた過去を持ち、後悔。アプリなどの婚活を使って50人以上の女性と出会い、真実と出会い、結婚を決意した。

坂庭真実・・・親に進路も就職も何でも決めてもらいずっとやってきた人。地元ではお嬢様大学といわれる香和大学出身であることが誇り。地元での婚活につかれ東京で一人暮らしを決意し、架と出会う。

 

この二人がメインのキャラなんですが、正直私は読んでいて真実という人物が好きではありませんでした。どっちかというと私は彼女の姉の希実タイプ。

 

けど、読み進めていくうちに架が真実が最初に利用した結婚相談所の小野里さんという女性と話をしたり、お見合い相手と話をしたりしていくうちに、婚活事情というものや、架がカウンターパンチを食らったりしているところ、そしてこの本の題名にもなっている「傲慢さ」と「善良さ」のせいで結婚できない人が多いなど、実際私も実は今婚活している30代以上の人なんかをちょっと下に見ている部分もあったんですが、気持ちも理解できるようになったというか。

同じく最近婚活の話を書いた『うちの子が結婚しないので』とはまた違った辻村深月さんらしい切り口で、読んでいてとても興味深かったです。

 

piyopiyobooks.hatenablog.jp

 

そして面白かったのが香和大学のくだり。

中学からそこに通っている子は"純金"。高校からの子は"18金"。大学からの子は"メッキ"って呼ばれて。

これはもう、名古屋の金城大学のことですね。このネタ使うなんて!ちょっと興奮しました。

 

最初はどうかなーと読み進めていましたが、どんどん登場人物たちの気持ちに共感をしていって、最後はもう、グッときました!

婚活で出会ってすぐ結婚っていうのは恋愛結婚とはまた違うのかなあと思ってましたが、婚活で出会っても大恋愛になる!

とてもよかったです。

 

傲慢と善良

傲慢と善良