プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【ファンタジーでありながらリアリティのある十二国記の世界】丕緒の鳥

f:id:piyopiyobooks:20200130191440j:plain

著者 小野不由美

【内容】

「絶望」から「希望」を信じた男がいた。慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮する。希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか──表題作「丕緒の鳥」ほか、己の役割を全うすべく、走り煩悶する、名も無き男たちの清廉なる生き様を描く短編4編を収録。

 

【感想】

★★★★★

ここにきて短編集。

これは王の下で働く下っ端の人たちや市井の人たちを描いた作品。

この作品によってまた十二国記の世界に深みが生まれました。どんどん深みを増していく十二国記。この作品に出会えて本当に幸せです。

 

さて、短編集ですが、4編収録されています。

丕緒の鳥:慶東国の話(過去から赤楽元年)

即位の儀式で使われる「鳥」を作る男の物語。ものすごくジーンとくるお話でした。


・落照の獄:柳北国の話

「死刑」をめぐる話。これはまた現代に通じる話であると思います。何とも言えないラストも、これはこれで読み手に「あなただったらどうする?」と考えさせてくるものだと思います。


・青条の蘭: 雁州国の話

これはもう最後「玄英宮」の文字が目に飛びこんできたときに「よかった!!救われる!」とうれしさが抑えられませんでした。


・風信:慶東国(予王~陽子が景麒と契約した辺り)

陽子の前の王、予王により女全員国から出ていけと言われ家族を亡くし、友人も失くし、希望を失っていた少女がまた希望を取り戻していくお話。あらたな景王によって救われていってほしいと思った。

 

 

丕緒の鳥 (ひしょのとり)  十二国記 5 (新潮文庫)

丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)

  • 作者:小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 文庫