プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【私の推し王は断然珠晶】図南の翼

f:id:piyopiyobooks:20200130192850j:plain

著者 小野不由美

【内容】

この国の王になるのは、あたし! 恭国(きようこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔までも徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしよう)に住む少女珠晶(しゆしよう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしと教育を与えられ、闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂えた珠晶はついに決断する。「大人が行かないのなら、あたしが蓬山(ほうざん)を目指す」と──12歳の少女は、神獣麒麟(きりん)によって、王として選ばれるのか。

 

【感想】

★★★★★

十二歳ながら王を目指す珠晶。

賢く勇気もあり、時には大胆ですが間違いは謝ったりできるこの珠晶が私は大好きです。

 

この巻で

 

piyopiyobooks.hatenablog.jp

東の海神 西の滄海』で出てきた更夜が出てくるのです!しかも立派になって!!!!もう更夜の名前が出てきたとたん感動に震えました!

 

さて、話は戻りますが珠晶。彼女は実は『風の万里 黎明の空』でもちらっと出てきましたが彼女のはっきりとしたところが私はすごく好きなんですよね。あまり出てこないですが彼女の麒麟は状に深いがあまり頼れなさそうな。珠晶とぴったりなんじゃないでしょうか。よくできてるー!

 

この話はロードノベル的な展開で、豪商の娘の珠晶が王になるために昇山し、困難に巻き込まれながらも運に恵まれめっちゃ頑張ったのち最終的に王に選ばれるというストーリーです。麒麟に選ばれたときの台詞も珠晶らしくて面白いです。

 

 

図南の翼 (となんのつばさ) 十二国記 6 (新潮文庫)

図南の翼 (となんのつばさ) 十二国記 6 (新潮文庫)

  • 作者:小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/09/28
  • メディア: 文庫