プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【ずっとずっともどかしい】ストーカーとの七〇〇日戦争

f:id:piyopiyobooks:20200131043354j:plain

著者 内澤旬子

【内容】

ネットで知り合った男性との交際から8カ月。
ありふれた別れ話から、恋人は突然ストーカーに豹変した――

執拗なメール、ネットでの誹謗中傷……「週刊文春」連載時に大反響を呼んだ、戦慄のリアルドキュメント。
誰にでも起こり得る、SNS時代特有のストーカー犯罪の実体験がここに。

 

【感想】

★★★☆☆

ストーカーされてる側からしたら、命の危険がないと判断されたり「これくらいで」と第三者には思われてしまってもとても怖いものなんですよね。同じ女性として気持ちがよくわかります。人間不信になってしまうんですよね。

 

そしてまたこの相手は常識が通じない、本当におかしな人なので話も通じない。まあもちろん話も常識も通じる人ならそもそもストーカーになっていないと思いますが。

私もつい最近話が通じない人と出会ってショックを受けたことがあったのですが、この場合は長いしそれ以上の心痛受けただろうなと思います。

 

それにしても警察や法律面での手続きの大変さ。

被害者に合った方がお金も時間もかけてさらなる苦労を強いられることに憤りを感じました。最近なんてSNSも発達しているしIPアドレスだって隠そうと思えば隠せるしちょっとネットで調べれば簡単に加害者はやりたい放題になってしまう。

被害者はこのお金、時間の面であきらめることを余儀なくされることも多いと思うんですよね。それで心に深い傷を負って、それからの生活も支障をきたすことがあるかもしれない。

 

最後まで読んでもまだもどかしく、でもこういった人たちってストーカー云々じゃなくてもたくさんいるので、本当に難しい世の中です。被害者がいろいろ削らなくても救われるような社会になってほしいなと思います。

 

願わくば内澤さんが平穏な毎日をまた取り戻せますように。

 

ストーカーとの七〇〇日戦争

ストーカーとの七〇〇日戦争

 

 

 

ストーカーとの七〇〇日戦争 無料試し読み版【文春e-Books】