プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【犯罪被害者家族が悪党のその後を追う物語】悪党

f:id:piyopiyobooks:20200325061725j:plain

著者 薬丸岳

【内容】

探偵事務所で働いている佐伯修一は、老夫婦から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰した男を追跡調査してほしい」という依頼を受ける。依頼に後ろ向きだった佐伯だが、所長の木暮の命令で調査を開始する。実は佐伯も姉を殺された犯罪被害者遺族だった。その後、「犯罪加害者の追跡調査」を幾つも手がけることに。加害者と被害者遺族に対面する中で、佐伯は姉を殺した犯人を追うことを決意し…。衝撃と感動の社会派ミステリ。

 

【感想】

★★★★★

重い、ずっしり重いけれど面白かった。

 

元警官の佐伯は同じく元警官の小暮の事務所で探偵として働いている。

そこに犯罪被害者家族からの依頼で、息子を殺した犯人が今どうしているか、赦せるのかどうか調査してほしいとの依頼。その後も連作短編として同じように犯罪被害者からの依頼で元悪党を追うが、その結果は様々。

 

そして佐伯もじつは犯罪被害者家族で少年時代に姉をレイプで殺されていた。秘密裏にそのレイプ殺人犯も追っていて、復讐をするつもりなのだろうかなどと読んでいて緊張したが、ラストはこれでよかったんだと思えるものだった。

 

 薬丸岳さんの小説はなかなか裏切らないので色々読みたくなる。

 

悪党 (角川文庫)

悪党 (角川文庫)

  • 作者:薬丸 岳
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: 文庫