プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【本当の恐怖を味わいたい方へ】修羅の家

f:id:piyopiyobooks:20200421044311p:plain

著者 我孫子武丸

【内容】

『殺戮にいたる病』を凌ぐ驚愕作!

簡易宿泊所で暮らす晴男はレイプ現場を中年女性・優子に目撃され、彼女の家につれていかれる。そこには同じ格好をした十名ほどが「家族」として暮らしていた。おぞましい儀式を経て一員となった晴男は、居住者は優子に虐待されていることを知る。
一方、区役所で働く北島は、中学時代の初恋相手だった愛香と再会し「家族」での窮状をきく。北島は愛香を救い出す可能性を探るが、“悪魔”が立ちはだかる。

 

【感想】

★★★★☆(怖すぎて)

我孫子 武丸氏の本は『殺戮に至る病』を最初に読んで「ただただすごい!」と思い、『8の殺人』を友人から借りて読んであわれ木下!とか思いつつも面白く、その後NetGalleyにて『凛の弦音』を拝読し素敵な作品だなと思い、幅広いミステリーを書く方だなと思いました。

 

『修羅の家』はもう、『凛の弦音』書いた人とは思えない、最初から最後まで恐ろしい作品。そしてさらに途中で「え!!!????」「ちょっと待って?」「どういうこと」と思う展開が訪れ、この「ハルオ」と共に自分の頭もおかしくなっていくような感覚を覚えました。語り手が2人(晴男と北島)いるんですが、あれ??????待って???となります。

 

とにかく戦慄ということばがふさわしい作品です。

 

読み始めたらもう止めることはできませんがもうとにかく怖くて怖くて、恐怖で震えます。

ホラーが好きな方にお薦め!!

 

二度目読み返す自信がまだないです。

 

 

修羅の家

修羅の家

  • 作者:我孫子 武丸
  • 発売日: 2020/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この作品が好きならこの有名作品も!

 

新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

 

 

 こっちは雰囲気が変わって面白い。

凜の弦音

凜の弦音

  • 作者:我孫子武丸
  • 発売日: 2018/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 個人的に好きでした。

新装版 8の殺人 (講談社文庫)

新装版 8の殺人 (講談社文庫)