プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【読みたい本が絶対見つかる】 人生を狂わす名著50

f:id:piyopiyobooks:20200616015746p:plain

著者 三宅香帆 

【内容】

作家 有川 浩 推薦!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作品の芯を射貫かれた。

予断のない読み筋が清々しく、ありがたい。

人生狂わせちゃったみたいで、ごめんなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなる!


ノーベル文学賞を受賞された カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』の書評も収録されています! ★

著者は23歳。現役の京大院生。

文学研究をするかたわら、京都天狼院で書店員として働く文学マニアの女の子。


この本は、『京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」 と思う本ベスト20 を選んでみた。 《リーディング・ハイ》』

というタイトルで「天狼院書店」のウェブサイトに掲載され、

2016年、年間はてなブックマーク数ランキングで第2位となり、

本好きのSNSの間で大反響を呼んだ記事をもとに書かれたブックガイドです。


著者の三宅香帆さんは言います。


「実際リストをつくってみると、やっぱり「読んだ後、明確に自分の見ている世界が変わった本」のリストになったなぁ、と思います。

「狂う」って、「世界の規範から外れる」ことだと思うのですが、

どうしても社会や世界に流されることのできなくなる本たちを選んでみました。」


外国文学から日本文学、漫画、人文書まで、人生を狂わされる本を50冊選書。

その一つひとつに確かな紹介文が書かれています。

加えて「文学研究」の視点で、50冊それぞれに「その次」に読みたい本を3冊ずつ紹介。


本書には合計200冊の名著が紹介されています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【本書をおすすめする方】


・人生を狂わせるくらいおもしろい本と出会いたい人

・「次に読む本」がなかなか見つからない人

・最近おもしろい本と出会ってないな〜と思う人

・この頃本を読んでない人

・子どもに本を読んでほしい! と思う人

・本好きの友達へのプレゼントを探している人

・入学・卒業祝いのプレゼントを探している人

・他の人がどんな本をどんなふうに読んでいるのか気になる人

・雑誌の「本特集」をいつも楽しみにしている人

 

【感想】

★★★★★

今まで読んだ書評の中で一番面白かったです。
なんといってもタグが秀逸!読んだことがある本もありましたが、そのコメントにうんうん!そうなんだよー!と共感しかなかったです。海外文学はなんとなく入り込みづらくあまり読んだことがないのですが、これは面白そうだ!という本もいくつかありましたのでメモしました。

 

有川浩さんの『図書館戦争』に対する「甘やかさない」というコメントはもうその通り!という感じでした。大好きなんですよね。図書館戦争

 

読んでみたい本第一位は川端康成眠れる美女』です。
まずこれハッシュタグが最高です。#老人がひたすら眠る女の子と添い寝#変態になりたいときに読もうとか、
もうこれだけで読んでみたい気持ちが湧き起こる。

 

他に海外文学ではアゴタ・クリストフ悪童日記』。海外文学苦手だけど是非読んでみたいと思いました。

 

そして大好きな俵万智『チョコレート語訳 みだれ髪』。俵万智さん昔から大好きで『チョコレート革命』も買いました。この本も絶対買います。

 

そして気になったのはぼおるぺん古事記。言語で漫画とか気になりすぎてしょうがない。

 

私も是非人生を狂わせる本に出会ってみたいです。

 

 

人生を狂わす名著50(ライツ社)

人生を狂わす名著50(ライツ社)

  • 作者:三宅香帆
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)