プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【タイトルが長すぎ】成り行きで婚約を申し込んだ弱気貧乏令嬢ですが、何故か次期公爵様に溺愛されて囚われています

f:id:piyopiyobooks:20201123021400p:plain

著者 琴子

【内容】

「あの、わたしと婚約して頂けませんか!?」。

長年虐げられた貧乏令嬢・アリスの一世一代の告白。受け入れたのは、偶然通り掛かった眉目秀麗な次期公爵!? 救世主・アーサー・グリンデルバルドはクールと評判なのに、いきなり優しい言葉で愛を伝えてくれる。嬉しくて手を握ると、彼は異常なほど喜んでくれて? 身分差を越えて、アリスは公爵夫人へと歩み出すが……道は険しく、公爵夫人の座を狙った闇討ちが襲い掛かる。現場を目撃したアーサーの怒りが燃え始め――毎日登下校は付きっきり、屋敷に住まわせ、部屋に鍵までつけてしまう始末で!?

(……どうしてこんなに愛してくれるの?)秘められた過去が、貧乏令嬢と愛が重い(?)完璧王子を幸せな日々に導く、奇跡のシンデレラストーリー! 「24時間、君のために」。

 

【感想】

★★★★★

Netgalley様よりゲラ読み。じゃないとなかなかこれは手に取らない・・・。

表紙からしてハードルが高い。

 

タイトルがB'zも真っ青なくらい長い。絶対覚えられない。

これもはやA・RA・SU・JIですよね。題名読んだらだいたい内容わかる。

わかりやすい!

 

さて、それはさておき、ライトノベルですが、「」多用でセリフばっかり!!とかいうものではなくきちんと読みやすい小説でした。


最近は令嬢系が流行っているのか、読みながら「公爵」「侯爵」「子爵」とか私にはランクが分からないよー、最近のラノベ読者にはみんなこれ常識なの?とびっくりしました。できればどこかに侯爵ランキングつけてほしい。身分差がわからない。もしかしたら常識レベルなのかもしれませんが私にはわからなかった。もちろん読んでたらなんとなくわかるけど。


貧乏令嬢が小さいころからモラハラ受けていた幼なじみと婚約させられるのを嫌がりその辺で声をかけたイケメンが実は公爵の息子でそしてなぜか溺愛されるというお話。

 

公爵様の息子、アーサー・グリンデンバルドっていうんですよ。

もうファンタビ出てきました。最初の方、声をかけたあたりは頭の中でジョニーデップが演じてました。でもめっちゃど甘いのでデップ様消え去りました。


公爵、モラハラ幼なじみのモノローグも入り、読みやすく面白かったです。

モラハラ幼なじみはツンデレなんですね。こじらせすぎ。

ていうかていうか二人ともこじらせてるわ。軟禁したり。ちょうど私欧州住まいなもんでロックダウン中なんですが、アリス気分を味わいましたよ(笑)

アーサーは「耳をすませば」の天沢聖司が思い浮かびました。なんかちょっとストーカーみたいな。ちなみに私の中で「耳をすませば」はストーカーラブストーリーです。


シンデレラ気分が味わえるほど糖分高めで、糖尿病になるかと思いました。


ハーレクインの若い人向けみたいな感じです。

でも、面白かったですよ。続きがあるなら読んでみたいです!