プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【昔ドラマでやった密室ミステリ】硝子のハンマー

f:id:piyopiyobooks:20201129181633j:plain

著者 貴志祐介

【内容】

日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて……。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが、難攻不落の密室の謎に挑む。日本推理作家協会賞受賞作。

 

【感想】

★★★★☆

昔「鍵のかかった部屋」というタイトルで嵐の大野くんが主演でドラマをやってました。好きだったんですよね、このドラマ。文章で読んでも大野くん、役にハマっているなあと思います。

 

さて、密室殺人。殺されたのは介護猿や介護ロボットなどで介護現場を楽にしようと考えていた介護サービス会社の社長。密室で撲殺。第一発見者はガラス清掃の男性。

隣の部屋で寝ていた専務が逮捕されたものの身に覚えがない。

かなりセキュリティに厳しかったようで、エレベーターも暗証番号を入れないと12階まで上がれない、廊下にもカメラ、窓は一度空気銃で銃撃を受けて強化ガラスになっている。

 

この殺人事件、凶器はタイトルの通り「硝子のハンマー」だったわけですが、最後なるほど、そうやって・・・・と感心しました。

 

それにしても泥棒にはいられないためのセキュリティなど。いろいろと役に立つチップも書いてあり、なるほど!と思わせてくれるお話でした。