プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【鍵屋と泥棒は紙一重】鍵のことなら、何でもお任せ

f:id:piyopiyobooks:20201230184106j:plain

著者 黒野伸一

【内容】

イジメが嫌で高校に行かなくなった岡本瑛太。そんなとき、父親は自分の店である鍵屋の仕事を手伝わせた。意外とこの仕事に向いていた彼は、父親が亡くなった後、家業を継いだ。借金付きで……。ある日、近所に大手の鍵チェーンが出来て、経営が苦しくなったところに、やばい人とのトラブルから、とんでもないことをするハメに……。何をやってもついてない真面目男に、未来はあるのか? 傑作青春小説。

 

【感想】

★★★☆☆

瑛太のキャバ嬢の妹がなかなか強烈でいいです。

鍵屋さん、街にあるけどそれだけだとなかなか儲からなさそう。

やくざらしき人に「絶対開けられない金庫」を売った瑛太だけど、ひょんなことからまさか自分がその金庫を開ける羽目に。そんなことからやくざとつながりができてしまい、泥棒をすることに・・・。けどなかなか相棒が間抜けでうまくいかない。

コメディタッチでエンタメなお仕事小説でした。

 

 

鍵のことなら、何でもお任せ (徳間文庫)

鍵のことなら、何でもお任せ (徳間文庫)