プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【薄い本ではあるが内容が深い】何もかも憂鬱な夜に

f:id:piyopiyobooks:20191230184926j:plain

著者 中村文則

【内容】

施設で育った刑務官の「僕」は、十八歳のときに強姦目的で女性とその夫を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している――。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。
芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。

 

【感想】

★★★★☆

そんなに厚くなくスッと読める厚さなんですが、内容が重く、深く、じっくりと読ませていただきました。

自殺した友人の「生きるのに『役割』を探してしまう」気持ちはとても共感できた。女性なんて特にそうなんじゃないかなと思う。今の時代。「彼女」「妻」「母親」などなど、そういう風になれない人も多い。生きる意味を見出せない、辛い思いを抱えた人はかなりいるんじゃないかなあと思う。もちろん男の人もそうだと思うけど。

又吉の解説もとてもよかったし共感できた。

 

素晴らしい作品でした。

 

 

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)