プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【何者にもなれない中年になりたくない】「若者」をやめて、「大人」を始める

f:id:piyopiyobooks:20180222163926p:plain

著者 熊代亨

【内容】

気が付いたらもう“いい歳”。

立派な「大人」になれた実感はありますか?

リアリティと現実のギャップに戸惑う人びとへ、新たな指針を示す人生論。

 

人生の選択肢が多様に広がったからこそ、生き方が定まりにくい。

それでも月日は流れ、いやおうなく私たちは年老いていきます。

「成熟のロールモデル」が見えなくなった現代において、

「若者」の立場を卒業し、「大人」を実践するとはどういうことか?

異なる世代との接し方、恋愛・結婚観、趣味との付き合い方。

充実した人生を送るためのヒント。

 

【感想】

★★★★☆

現在30代。若者ではいられない年齢。周りの同じくらいの年代の人やちょっと上の人達は、意外とまだまだ若い。若いとは思えても、年齢にしたら若いというだけで、若者であるわけではない。

 

女子会、アラフォー女子なんて言葉があるけれど、もはや女子でもない30代。

 

「若くある」ことと「若い」ことは別である。

 

ロールモデルは誰かいるかなあと考えていたら、やはり母が浮かんだ。私は母のような大人になれているだろうか。そしてこれからなれるだろうか。

 

少々不安だったけれど、この本を読んでいて大人になることへの気楽さが出てきた。周りの30代、40代の人に是非読んでもらいたい本でした。

 

 

「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?

「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?