プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【やるせない結末】虚の聖域

f:id:piyopiyobooks:20180417200521p:plain

著者 松嶋智佐

【内容】

☆☆☆島田荘司氏・知念実希人氏、絶賛!☆☆☆

女の本性は、最後の一行で明かされる――!

 

元警察官の著者が描く、元警察官の探偵・梓凪子。

扱う事件は、他人の聖域。

 

元警察官にして探偵・梓凪子に舞い込んだ依頼は最悪のものだった。 

理由はふたつ。ひとつは、捜査先が探偵の天敵とも言える学校であること。もうひとつは、依頼人が、犬猿の仲である姉の未央子であること。

大喧嘩の末、凪子は未央子の息子・輝也の死を捜査することになる。警察は自殺と判断したにもかかわらず、凶器をもった男たちに襲撃された凪子は、事件に裏があることを確信するが――。 

責任を認めない教師、なにかを隠している姉、不可解な行動を繰り返す輝也の同級生。

すべての鍵は、人々がひた隠しに守っている心のなかの“聖域”だった。

 

【感想】

★★★★☆

甥っ子の自殺から始まり、伯母である主人公、凪子が姉、未央子に頼まれてその真相を調査することになった。

色々な角度から調査をしていき、襲撃もうけるほどの真実にたどり着いてしまう。

 

「ああ、こういうことだったのか」から一転する真相。

最後の一行、やるせない結末を迎える。

 

デビュー作とは思えないほど、よくできていたミステリーでした。全体的になんか重暗い雰囲気でしたが面白かったです。

 

 

虚の聖域 梓凪子の調査報告書

虚の聖域 梓凪子の調査報告書