プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【ポーカーフェイス検事✖感情を顔に出しまくりの事務官】能面検事

f:id:piyopiyobooks:20180714062130p:plain

【著者】中山七里

【内容】

新米検察事務官の惣領美晴は、大阪地検の不破俊太郎一級検事につくことに。冷徹で無表情な不破は、「能面」と陰では呼ばれている。とっつきにくい人物だが、どんな圧力にも情にも動じることなく、自らの流儀を貫き通す男である。そんな二人が、西成署管轄内で起きたカップル殺人事件を担当することに。容疑者は過去に被害者女性にストーカー行為をしていた男だが、犯行時刻に別の場所で暴行事件を起こしているというアリバイがありながら送検されてきた。捜査を進めると証拠物件のいくつかが紛失していることがわかり、大阪府警全体を揺るがす大きなスキャンダルへと発展してゆく……

完全無欠の司法マシーン・不破俊太郎が、しがらみを切り捨て真実のみをさらけ出す!どんでん返しの帝王が生み出したニューヒーローに魅了される一気読み必至のミステリー。

 

【感想】

★★★☆☆

ポーカーフェイス検事の冷静な捜査劇。


大昔の失敗により「能面」検事と呼ばれるくらい感情を表に出さない検事✖感情を顔に出しまくりの事務官による捜査劇。最後のどんでん返しにさすが中山七里先生!と思えた作品でした。

はじめはとっつきにくい感じだった不破検事も、仕事ぶりが分かるにつれ、非常に仕事に真摯である素敵な人だと思いました。

 

 

能面検事

能面検事